奈良 東大寺・大湯屋(鉄湯船)【重要文化財】

スポンサードリンク

奈良 東大寺・大湯屋(鉄湯船)【重要文化財】

東大寺 大湯屋1903

創建年

  • 推定:701年から800年(奈良時代)
再建年

  • 1239年(延応元年/鎌倉時代)
大修繕

  • 1408年(応永15年/室町時代)
建築様式(造り)

  • 入母屋造(正面)
  • 切妻造(背面)
  • 妻入
  • 一重
屋根の造り

  • 本瓦葺
大きさ

  • 桁行八間(横幅:約14.5m)
  • 梁間五間(奥行:約9m)
重要文化財指定年月日

  • 1903年(明治36年)4月15日

東大寺・大湯屋の読み方

東大寺・大湯屋の読み方は「とうだいじ おおゆや」と読みます。

東大寺・大湯屋の役割りと「風呂(入浴)の起源」

そもそも「入浴の起源」とは、日本に仏教が伝来したのと同時に、「仏教の構成要素の1つ」として伝来されており、寺院が「浴堂」と呼ばれる「身を清めるための施設」を設置したのが起源とされています。

その後、鎌倉時代に初めて「入浴料(金銭)」を取り、一般の庶民に湯屋を開放したのが現在の「銭湯の起源」と云われています。

東大寺に話を戻せば、奈良時代から平安時代にかけて、東大寺には約1万人にもの僧侶が在籍していたそうです。

その当時からのこの大湯屋は現存していたとされており、主に大事な法要の前に僧侶たちが「身体の垢(あか)」を落として「身を洗い清める場所」であったと云われております。

東大寺・大湯屋の中の構造

具体的に東大寺・大湯屋の内部には「鉄湯船」と呼ばれる重要文化財にも指定されている「鉄でできた湯船」が現存しています。

そして「別の釜で温めた湯」を、この湯船に入れて、湯の熱を利用して「垢」を落としたとされています。


スポンサードリンク -Sponsored Link-






東大寺・大湯屋の歴史

東大寺の大湯屋は現存する湯屋としては「日本最古の湯屋」と云われいる湯屋です。

奈良時代の「創建当初の大湯屋」は、「1180年(治承4年)」の「平家の南都焼討」によって、燃え尽きたようです。

しかし、その後「1197年(建久8年)」に「鋳物師の草部是助」の手によって「鉄湯船が奉納」されます。

さらに、その後の「1239年(延応元年)」に、「俊乗房重源(しゅんじょうぼう ちょうげん)」によって大湯屋の建屋が再建されています。

現在みることのできる大湯屋は、「1408年(応永15年/室町時代)」に大修繕されたものです。

奈良 東大寺・大湯屋「鉄湯船」【重要文化財】

奈良 東大寺・大湯屋「鉄湯船」【重要文化財】引用先:http://www.fujiclean.co.jp/

鉄湯船の設置

  • 1197年(建久8年/鎌倉時代)
鉄湯船の大きさ

  • 直径:約2m30cm
  • 深さ:73cm

上述したように1197年(建久8年)に重源上人の主導によってこの鉄湯船が製作されています。

現在は経年劣化のため見えにくいのですが、「一一九七年」と製作年を示すと思われる刻銘が表面に刻まれています。

奈良時代の創建当初は、現代のように水を温めて湯にすると言ったような「発想や構造」がなく「別の場所」にある「釜で温めた湯」を鉄湯船に注いでいました。

しかし、この鉄湯船は大きさがあるので「想定内の大きさの釜」で水を温めていたのではキリがありません。

そこで、「約1000リットル」もの水を貯めておける「クソでかいコノヤローなほど大きな釜」で湯を温めて、その大量の湯をさらにクソでかいこの鉄湯船へ注いでいたとされています。

東大寺・大湯屋「鉄湯船」の構造

この「クソでかい鉄湯船」にクソほど貯めて、「使用した後の湯(水)」はどうするのか?・・についてですが、実はこの「鉄湯船」の底には、ポっカリと穴が開いており、そこに「木製の栓」で、水漏れを防ぐ構造になっているようです。

つまり「木の栓」を抜けば、水をキレイさっぱり抜くことができるといったことになります。

東大寺・大湯屋「鉄湯船」の場所【地図】

「東大寺・大湯屋」は「東大寺・二月堂の大広場の前」、「二月堂側の裏参道の入口付近」にあります。

東大寺・二月堂・湯屋の場所(地図)

終わりに・・

東大寺が日本最古の銭湯だった?!

実は、この東大寺の大湯屋ですが、上述のとおり、僧侶だけではなく一般の庶民にも開放されています。

つまり、金銭をいただき、これを「浄財」として一般に庶民に「湯屋の使用を許可している」ことから、「現存する日本最古の銭湯」とも云われているようです。

東大寺へ訪れた際は、ぜひ、この大湯屋にも訪れてみてください。ウフ

スポンサードリンク -Sponsored Link-

    

当サイトの内容には一部、専門性のある掲載があり、これらは信頼できる情報源を複数参照し確かな情報を掲載しているつもりです。万が一、内容に誤りがございましたらお問い合わせにて承っております。また、閲覧者様に予告なく内容を変更することがありますのでご了承下さい。

関連コンテンツ