奈良 東大寺「辛国神社」

スポンサードリンク

奈良 東大寺「辛国神社」

東大寺「辛国神社」

創建年

  • 不明
  • 推定:1443年以前
建築様式(造り)

  • 春日造り
屋根の造り

  • 本瓦葺
御祭神

  • 韓国翁
関連行事

  • 天狗の妨害封じ

東大寺「辛国神社」の読み方

東大寺の境内には読みにくい名前のお堂や仏像が安置されていますが「辛国神社」は「からくにじんじゃ」と読みます。

東大寺「辛国神社」の歴史・由来

まず、辛国神社とは東大寺大仏殿の東側の、猫段と呼ばれる石段の途中に建つ神社です。

「辛国」とは「唐国」あるいは「韓国」のことで、ここでは東大寺が建立された奈良時代当時、朝鮮半島から渡ってきた渡来人を指します。

ちなみに東大寺の創建の頃、朝鮮半島を治めていたのは「百済(くだら)」や「新羅(しらぎ)」と言う国家ですので、ここでの渡来人とは「新羅や百済の国民」と言う解釈になります。

後、百済は新羅に戦争で破れており、その際、一部の王族が日本へ逃亡をはかり、日本で官職に就き、最後は日本に骨を埋めています。

ちょうど東大寺が創建した頃の朝鮮半島は、新羅が統一しており日本との国交が開け新羅の皇太子を筆頭とした新羅使節団約700名あまりが東大寺の「大仏開眼供養会」に訪れ「大仏(盧遮那仏)」を参拝したと記録が残っています。


スポンサードリンク -Sponsored Link-






東大寺・辛国神社の御祭神「韓国翁」

辛国神社 入口

↑辛国神社の入口

辛国神社の御祭神である「韓国翁」は「からくにのおきな」と読み、この神様は東大寺の創建に携わった渡来人の方々を神として祭祀した祭神です。

渡来人は日本に様々な技術をもたらしたとされていますが、その中に「鍛冶職人」として大仏鋳造に貢献した人々もいました。

特に大仏の鋳造は「超」が付くほどの大規模国家プロジェクトであり、日本人以外に多くの渡来人が関わっていたと伝わっています。

大仏の鋳造には期間や人員も勿論でしが、ケタ違いの金額や材料も必要になっており、これらのいずれかが不足した時には、上述の日本の陸奥国へ移り住んだ百済の王族(陸奥国国司・敬福/きょうふく)などが資金提供を行ったり、陸奥の山々を切り崩して大仏の鍍金に使用する「砂金」などの材料を円滑に調達したと云われております。

尚、東大寺の伽藍の建設には西洋や大陸の文化が大きく貢献しており、建設は主に「新羅国の文化」、大仏の鋳造には「百済の文化」が大きく関与していると云われております。

その他、大仏や伽藍の建設中には「中毒」や「病気」が蔓延し、多くの人が命を散らしています。

つまり、これら大仏の鋳造に携わった方々をお祀りしたお社であると言えます。

辛国神社に隠された秘密【その1】「天狗社」

実は、この辛国神社は古くは「天狗社(てんぐしゃ)」とも呼称されていたことはあまり知られていません。

「天狗社」と言う名前は明治36年まで使用されており、その後に現在の「辛国神社」と呼称されるようになったようです。

「天狗社」と呼称されるようになった由来とは、朝廷から送られてきた長官職である「東大寺初代別当(べっとう)」の「良弁(りょうべん)」が、東大寺建立の邪魔をする天狗を退治して改心させたことに由来しています。

その後、天狗は改心させられ「仏法の守護」を誓い、この神社を建立したと伝えられています。

ちょっと辛国神社の神紋(神社の紋)をよくご覧になってみてください。

天狗が持つ「草うちわ」が神紋になっているのに気づくハズです。

辛国神社・提灯東大寺で大きな法要の前日に行われる「蜂起の儀」の際には、この辛国神社の神前で「天狗の妨害封じ」が祈念(きねん/祈りのこと)されています。

「蜂起の儀」とは「無事に法要や行事が終えることができますように・・」と言う祈願のことです。

辛国神社に隠された秘密【その2】「力比べの伝承」

辛国神社には、もう1つの伝承が残っています。

奈良時代、魔法のような不思議な力を使える「辛国」と言う名前の「行者(ぎょうじゃ)」がいました。

行者とは、広義では修業中の者ですが、この時代の行者とは、主に仏教の修行中の者のことを指します。

辛国は同じような力を持つという噂の、東大寺の良弁と力比べをしたいと考えていたところ、天皇に召されてそれが実現することになりました。

力比べが開始されるやいなや、辛国はいきなり良弁に向かって「蜂の大群」を放つのです。

しかし良弁はこれに臆することなく、なんと!「鉄の鉢」を投げ飛ばして辛国の蜂をあっという間にツブしてしまったと言います。

力比べに負け、恥をかかされた辛国はその後、東大寺の敵となり悪さをしようとしたということで、この伝承が先述した「良弁が天狗を退治する話」に内容が少しスリ代わり、後世に伝わったと考えられています。

ただ、この行者の「辛国」の名前が、現在の”辛国”神社の名前に由来に関与したのかどうかと言うのは定かではありません。

伝記上ではあくまでも上述のとおり「明治36年頃から」と言うことになっています。

東大寺・辛国神社の場所

東大寺・大仏殿の脇にある鐘楼へ続く階段(猫段)の途中に位置します。
「金堂」の東側になります。東大寺・辛国神社の地図

  • 所在地:奈良市雑司町406
  • TEL:0742-22-5511(東大寺寺務所)
スポンサードリンク -Sponsored Link-

    

当サイトの内容には一部、専門性のある掲載があり、これらは信頼できる情報源を複数参照し確かな情報を掲載しているつもりです。万が一、内容に誤りがございましたらお問い合わせにて承っております。また、閲覧者様に予告なく内容を変更することがありますのでご了承下さい。

関連コンテンツ