奈良 東大寺「念仏堂」【重要文化財】

スポンサードリンク

奈良 東大寺「念仏堂」【重要文化財】

創建年

不明
推定:1237年(嘉禎3年)

建築様式(造り)

一重・寄棟造

大きさ

横幅:約6m
奥行:約6m

屋根の造り

本瓦葺
※錣葺き(しころぶき)

重要文化財登録指定年月日

1903年(明治36年)4月15日

ご本尊

地蔵菩薩立像

発願者

重源上人

東大寺「念仏堂」の読み方

東大寺の境内には難しい漢字の表記で読みにくい名前の仏像や堂舎が存在しますが「念仏堂」は「ねんぶつどう」と読みます。

東大寺「念仏堂」の名前の由来

この「念仏堂」の創建時期は定かではなく、創建当初から存在したのかは不明とされております。

しかしご本尊・地蔵菩薩像の中から「嘉禎三年・千二百三十七年・大仏師康清」と刻まれた刻銘が発見され、これが創建時期を示す証拠として考えられています。

これは大仏師康清が重源上人や慶派の仏師といった東大寺建立に携わった人物たちを供養するために造像されたことが明らかにされています。

東大寺「念仏堂」の建築様式(造り)

この念仏堂は重源上人の発願であり、細部には大仏様の建築様式を見ることができます。

正面の手前に開閉式の桟唐戸(さんからと)などは後に禅宗様と呼ばれる代表格です。

江戸時代では、正面に向拝が据えられていたことが確認されていますが、現在は創建当初に姿を復元するために向拝部は解体されています。

また念仏堂の奥は1本の廊下があり、その先もう1つ堂舎が建てられています。

この堂舎は「英霊殿」と呼称される堂舎であり、ここでは第二次世界大戦で命を散らした英霊たちが祀られています。

どうも念仏堂自体の目的とは不特定多数の誰かを弔うためにあるような堂舎であると見受けられます。(他にも祀られている人物がいるようです。)

東大寺・念仏堂の見どころ


スポンサードリンク -Sponsored Link-






ご本尊「地蔵菩薩立像」【重要文化財】

念仏堂のご本尊「地蔵菩薩立像」は上述した通り鎌倉時代に造像されたことが明らかにされています。

地蔵菩薩立像とは現世におけるお釈迦様です。お釈迦様から自らが現世から去った後の世界を託された仏様です。

ただしお釈迦様の正統後継者は「弥勒菩薩(みろくぼさつ)」であり、現世に降臨された際にお釈迦様になります。

しかし残念なことに弥勒菩薩は56億7000万年後にならないと現世に降臨しません。

では、その間の現世はどうなるのか?・・という素朴な疑問がでてきますが、その間のお釈迦様と弥勒菩薩の代理となる存在がこの地蔵菩薩です。

つまり私たち誰もが常識として知っている「お地蔵さん」のことです。

お地蔵さんは街中の至る場所で見受けられます。

覆屋の中にお祀りされている地蔵さんもいれば、お外で祀られている地蔵さんもいます。

例年、真暑の夏い季節になれば「子供たちが大はしゃぎする日」が到来します。

お地蔵さんと深い関係をもつ日です。お分かりになりますか?

・・そうです。「地蔵盆」です!

例年、旧暦7月24日には日本全国の至る地域で地蔵盆が行われます。

町内会が主体となってお菓子を近所の子供たちに配ったり、はたまたそこらの家に訪問すれば、この日はお菓子をくれます。

ただし無邪気な子供が主体なので、オッサンが訪問すれば逮捕される恐れがあります。ご注意を。オホ

これらは地蔵菩薩のご利益に基づくもので、平安期以降、「子供の育成を見守るご利益がある」として広く信仰が寄せられました。

他にも現世で悪巧みを働いて地獄へ落ちかけた際、功徳が少しでもあれば地蔵菩薩が閻魔大王に取り入って、極楽浄土へお連れ下さるといったご利益も広く信仰されました。

現在でもこの信仰は受け継がれています。

その証拠に街中の至る場所にお地蔵を見かけることができます。

これらの古くは平安時代あたりから脈々と受け継がれてきた貴重な日本文化の遺構の1つとも受け取れます。

錣屋根

錣屋根は「しころやね」と読み、この様式は現代建築でもよく知られる「入母屋造り」の原型になったとも云われる造りです。

特徴としては屋根が2重になったように見えます。よく念仏堂の屋根をご覧になってください。

これはかつて法隆寺・金堂に安置されていた玉虫厨子の屋根が最古と云われており、現在の建築でこの屋根をした建造物を見ることはほとんどありません。

現存している錣屋根の堂舎の例として、同じく東大寺境内の俊乗堂と浅草・浅草寺の「影向堂(ようこうどう)」そしてこの念仏堂に見ることができます。

おそらく日本全国を探しても10本指で足りるほどしか見られない貴重な建築様式です。

東大寺・念仏堂の御朱印

ここ念仏堂ではオリジナルの御朱印をいただくことができます。

中央に「地蔵菩薩像」と大きく墨書きされた御朱印になります。

東大寺・念仏堂 (2)

念仏堂の御朱印の値段:300円

 

この他、「泰山府君の御朱印(8月から9月初旬まで授与の限定御朱印)」と「地蔵菩薩の御詠歌の御朱印」もいただけます。

念仏堂と行基堂の間には授与所があり、ここで念仏堂、行基堂、俊乗堂などの御朱印が頂けます。

尚、東大寺の御朱印の詳細に関しては当サイトの以下↓の別ページにてご紹介しております。

奈良県・東大寺(二月堂・三月堂など)の御朱印の「種類・値段・購入場所」

東大寺・念仏堂の場所とアクセス(行き方)

念仏堂は行基堂の隣に位置します。念仏堂・行基堂・鐘楼が1つの場所に寄せ集まっています。同時に拝観することができます。

大仏殿からは所要時間にして徒歩約5分ほどです。

スポンサードリンク -Sponsored Link-

    

当サイトの内容には一部、専門性のある掲載があり、これらは信頼できる情報源を複数参照し確かな情報を掲載しているつもりです。万が一、内容に誤りがございましたらお問い合わせにて承っております。また、閲覧者様に予告なく内容を変更することがありますのでご了承下さい。

関連コンテンツ