奈良公園の鹿のトラブル(事故)「交通事故にあったらどうなるの?」

スポンサードリンク

奈良公園の鹿のトラブル(事故)「交通事故にあったらどうなるの?」

奈良公園の鹿のトラブル(事故)「交通事故にあったらどうなるの?」奈良を車で移動中、もし誤って鹿にぶつかってしまったら?正しい知識と対処法を確認しましょう!

奈良公園の鹿の交通事故について

奈良では鹿が被害にあう交通事故が、年間150件以上も起きています。

平成27年7月までの1年間では、93頭が交通事故により死亡しました。

奈良公園周辺では、鹿が急に飛び出して来たり、道に座り込んでいたりすることもあるので、十分に注意して運転してくださいね。


スポンサードリンク -Sponsored Link-






万が一、鹿さんを事故に遭わせてしまった時の正しい対応は?

万が一、鹿さんを事故に遭わせてしまった時の正しい対応は?奈良の鹿は天然記念物なので、故意に傷つけてしまった場合は「文化財保護法違反」で、5年以下の懲役か30万円以下の罰金になります。

「天然記念物」だから殺してしまうと重い罰則があるものと思い込み、残念なことに、ひき逃げしてしまう人が後をたたないのが現状です。

しかし、不意の交通事故の場合は、法的に処罰されることはありません。

平安時代以降、鹿は神鹿として神の使いとして崇められていたことから、特に江戸時代には鹿を死なせてしまったら死刑になったという話もあります。

実際に江戸時代、奈良に住む人たちは早起きして自分の家の前に鹿が死んでいないかを確認したそうです。

現在では江戸時代のように鹿を死なせてしまっても死刑になることはありませんが、もし事故を起こしてしまったら、すぐに「奈良の鹿愛護会」に連絡しましょう。

すぐに手当てすれば、鹿も助かるかもしれません。

「奈良の鹿愛護会」
  • 電話番号:0742-22-2388
「奈良警察署」
  • 0742-20-0110(夜間の事故の場合)

交通事故だけでなく、怪我をした鹿や、様子のおかしい鹿を見かけたときにも、愛護会に報告しましょう!

奈良公園の鹿に迫る、様々な危険とは?!

奈良公園の鹿に迫る、様々な危険とは?!奈良の鹿の生活を脅かすのは、交通事故だけではありません。

人があげたお菓子やお弁当で食中毒になってしまったり、ビニール袋などのゴミを餌と勘違いして飲み込み、このまま胃に溜め込むことで餌を食べられなくなったりといった、食べ物関連の健康被害も未だなくなりません。

敢えて与えなくても、鹿の方から奪い取るようにして食べてしまうこともありますから、自分の食べ物、ビニール袋などを取られないよう、鹿のためにも注意しましょう。

また、信じられないことですが、鹿の角に物を引っかけたり、口に輪ゴムをはめたりといったいたずらもあるそう。

もし見かけたら、愛護会に連絡してくださいね。

「変だな」と思ったら、すぐ連絡!

鹿たちの健康と平和のためにも、ぜひ覚えておきましょう。

鹿の交通事故が多い時間帯

2017年度を例に挙げれば、鹿との年間交通事故の件数は140件で、そのうち残念なことに命を落とした鹿の数は年間91頭だったそうです。

そんなこともあり、奈良の鹿愛護会では独自に交通事故の多い時間帯を調査していますが、もっとも鹿との交通事故が多発した時間帯は「夕方」だったようです。

さらに場所に限定すると飛火野周辺の車道であることが明らかにされています。

飛火野に夕方に事故が多発する理由は、鹿の群れが1日を終えて寝床(巣)へ帰るためです。

奈良公園の鹿の大半は、飛火野あたりの森林に寝床を構え、早朝、東大寺南大門前の広場や春日大社参道などの観光客が多いエリアに食べ物をもらうために移動します。

その後、夕方近くになれば人も減ってきますので、鹿たちも寝床へと帰っていきます。ところが人間も夕方や早朝などの太陽が中途半端な位置にいるときは視野が狭くなり、事故が多発している時間帯でもあります。

以上、奈良公園へ車で来られる際は、夕方には特に注意をはらって運転してください。制限速度ギリギリで走行すれば万が一、鹿と接触事故を起こしても最悪の結果だけは免れる可能性が高くなります。

奈良公園の鹿に関しての詳細は当サイトの以下↓の鹿シリーズにてご紹介しております。

奈良公園の鹿は、いつからいるの? いる理由は?管理は誰が?その他「起源・由来」について

奈良公園の鹿は危険で噛んだり蹴ったり人を襲う?!そして・・お辞儀もする!?

奈良公園の鹿のトラブル(事故)「交通事故にあったらどうなるの?」

謎と神秘に包まれた!奈良公園の鹿の「種類・生態(いる場所・寝床・1日の行動)・食べ物」を暴露!!

奈良公園で鹿の餌やり体験!!「鹿せんべいの値段と売店の場所・営業時間」

【先生、質問!】奈良公園の鹿の数は何頭いる?夜、雨の日やはどこにいるの?

奈良公園のこんな見所【鹿!】のイベント・行事「角切り・鹿寄せ・小鹿公開・鹿せんべい飛ばし大会」の紹介と「混雑・渋滞状況と回避策」

スポンサードリンク -Sponsored Link-

    

当サイトの内容には一部、専門性のある掲載があり、これらは信頼できる情報源を複数参照し確かな情報を掲載しているつもりです。万が一、内容に誤りがございましたらお問い合わせにて承っております。また、閲覧者様に予告なく内容を変更することがありますのでご了承下さい。

関連コンテンツ