東大寺・大仏殿「柱の穴くぐり」の場所やご利益と「大仏の鼻の穴」との意外な関係性とは?

スポンサードリンク

東大寺・大仏殿「柱の穴くぐり」の場所やご利益と「大仏の鼻の穴」との意外な関係性とは?

奈良・東大寺には”日本一”と言われる大仏さまが鎮座されている場所として有名な寺院です。しかし、世間一般的に大仏さまが有名すぎて、東大寺にはあまり知られていない場所があります。

その場所となるのが大仏さんが座する大仏殿という建物を支える「柱」だったりします。大仏殿を支えるこの柱・・なんと!穴がポッコりと空いており、実はちょっとした由来を持っているんです。

以下では大仏殿の柱の穴が空けられている理由や意味の他、大仏さんの鼻の穴と柱の穴の関連性についても述べています。

【補足】もし、万が一、柱の穴をくぐっている最中に、身体が抜けなくなったらどうしたらイイ?

東大寺・大仏殿の柱の穴をくぐり抜けるだけで、こんなご利益を得られる?!

なんでも、この柱の穴をくぐり抜けると「無病息災」「祈願成就」のご利益があると言われています。

東大寺・大仏殿の柱の穴の大きさ

  • 縦37センチ × 横30センチ

上述したように東大寺の大仏殿にはポッカリと穴ボコが空いた、摩訶不思議な柱があります。さらになんと!大仏さんの鼻の穴と同じ大きさの柱の穴になるんだそうです。

ではなぜ、わざわざ、大仏さんの「鼻の穴と同じ大きさの穴」を「柱へも同じ大きさの穴」を開ける必要があったのか?

柱の直径

  • 120センチ

120センチと言うことは、大人の男性の平均歩幅・1歩分くらいでしょうか。「37センチ×30センチ」と言うことは、大人の男性の歩幅1歩のさらに「4分の1」ほどの大きさです。

つまり、穴はそれほど大きいものではなく、小学校6年生くらいまでの子がクグれて精一杯の大きさだと思われます。

よって、残念ながら大人の男性がくぐり抜けるのは至難の業です。

しかし、こんな歴史もあります。

昔は大人の男性でもなんと!柱の穴をクグることができたそうです。

えぇっ?!

・・と、思われたかもしれませんが、大方、これは事実のようです。

これは、どういうことなのか?と、いいますと・・、なんと!

昔の大人の男性は、現在の成人の大人の男性よりも、体格がずっと小さかったようです。

分かりやすく例えて言いますと、今の女性ほどの身長(約155cmから160cm)だったといいます。

ではなぜ、わざわざ「大仏さんの鼻の穴と同じ大きさの穴」を「柱へも同じ大きさの穴」を開ける必要があったのか?

ではなぜ、わざわざ、大仏さんの「鼻の穴と同じ大きさの穴」を「柱へも同じ大きさの穴」を開ける必要があったのか?実はこれには、案外と深い理由はないようです。

その時、職人たちが使用していた木に穴を掘る道具を、大仏さんの鼻の穴と柱の穴を掘るのに使用したため、たまたま同じ大きさの穴が空いてしまったと言います。

つまり、あらかじめ、ご利益があるとかの理由で、計画されて開けられた穴ではないということです。

柱の穴をクグるとご利益を得られるといった話は、時代と共に人々が流布した風説です。

しかしここで疑問になってくるのですが、いったいなぜ柱にこのような穴があるのでしょうか?


スポンサードリンク -Sponsored Link-






東大寺・大仏殿に柱の穴が空いている理由

東大寺・大仏殿の柱の穴が空いている理由実のところ、ご利益のためだけに、わざわざ大事な柱に穴を開けているわけではないようです。

ちなみにこの穴くぐりができる柱は「大仏殿の北東」に位置しています。

柱の穴くぐりができる柱の場所

実は、陰陽道では建物の中心から見て北東側は鬼門にあたるそうで、柱に穴をあけることによって邪気を逃す役割をしていると言われています。

柱の穴はいつ頃から空いているのか?

現在の大仏殿の柱は江戸時代に考案された「集成材」と呼ばれる技術を使用した柱が使用されています。つまり、この柱は公慶上人による江戸時代の大仏殿再建の時に据えられた柱であり、現在に至るまで取り替えられることなく、修理されて受け継がれてきた柱となります。

柱のくぐり穴の下には「銅輪」鉄の輪っかがありますが、この輪っかで柱がバラバラにならないように止めています。さらに銅輪には鉄釘用いられいてシッカリと銅輪を止めています。

柱くぐりの待ち時間や混雑具合はどれくらい??

しかしまぁ、人がにぎわっている時に穴をくぐるのは勇気がいるはずです。朝早く行けば行列もできておらず、人の目を気にせず楽しめるでしょう。

なお、昨今、外国人参拝客の増加やメディアでスクープされたことで柱くぐりが注目を浴び、柱をくぐるために待ち時間が発生しています。

実際に行けば分かりますが、並んでいるのは外国人観光客がほとんどです。

【補足】大仏殿柱くぐりの待ち時間

通常:約5分から10分ほど
混雑時期:約10分から約20分ほど

この柱の周囲には柱くぐりを待つ人で行列が発生しても、並ぶことができるように木柵が設けられています。

大仏殿の混雑する曜日:土日祝日とGW、正月期間

混雑する時間:午前10時〜15時頃まで(夏休みはお盆以外は意外と空いています。)

東大寺の係の方にお聞きしたところ、上記のような待ち時間が発生することで行列ができ、苦情になっているとのことです。

そのためか、柱の近くには以下のような内容の看板が設置されています。

柱くぐりする際の注意点

柱くぐりの周辺は混雑することから苦情が寄せられています。これは柱くぐりするために待ち時間が発生し、行列ができるためです。
柱くぐりをされる場合は、手際よくしていただけますようご協力をお願いします。
尚、記念写真は1人1枚で済ませていただきますようご協力ください。  東大寺大仏殿

これから東大寺へ参拝されて柱くぐりされる方は、上記の内容も念頭においてください。

【補足】もし万が一、柱の穴をくぐっている最中に身体が抜けなくなったらどうしたらイイ?

遠方から東大寺へ参拝にお越しの方にとっては、一生に一回の東大寺への参拝かもしれません。

したがって、柱の穴クグりができるのも一生に、たった1回キリしかもしれません。

つまり、これを逃したら、もう、柱の穴をクグるどころか、そもそも東大寺に来る機会さえないと言うことで気ばかり焦ってしまいかねません。

このような焦った気持ちの時に人間は判断力を見失います。

つまり、無理やりにでも柱の穴をクグろうと身体をねじ込み・・、そして、そのまま予期せぬ結果を得てしまう人が中にはいるそうです。

そこのあなた!!明日は我が身”と言う言葉があります。これを読んで笑っている場合ではありませんゼ。

【補足】もし、万が一、柱の穴をくぐっている最中に、身体が抜けなくなったらどうしたらイイ?

あなたも実際、柱の穴を目の前にしたら、気持ちの動揺を抑えきれないかもしれません。

そうなってしまったら、冷静な判断を下す自信がおアリですか?

自身がないのであれば、自分自身に暗示をかけるつもりで、絶対にクグらないと言う断固たる気持ちで参拝に望むべきです。

なぜ、ここまでこのようなことを言うのか?と申しますと、正直に申しますね、・・一度、柱の穴に突っ込んだ身体を引き抜くには、大変な労力と人手と時間を要するからです!

本当に柱の穴から身体が抜けなくなったときの対処方法

とりあえず、やってしまったものは仕方がありませんので、柱の穴から身体が抜け出せなくなったら、まずは大声で叫びましょう。

この時、笑っていてはダメです。本気で叫びます。

そうしている内に柱の穴クグりで並んでいる方や、東大寺の僧侶の方が来られて、一緒に引き抜く作業をしていただけます。

柱の穴に身体が挟まった時の自分でできる精一杯の対処方法

柱の穴に身体が挟まってしまったら、まず、向こう側へ抜け出そうとしてはダメです。

余計に身体が挟まってしまい、しまいには本当に抜け出せなくなります。

とりあえず、穴に入ってきた方向へ身体を元に戻す動作をします。

そして、できるだけ東大寺の僧侶の方が来られるのを待つのが無難です。

何せ、東大寺のお寺の方々は柱から身体を引き抜くための攻略法や裏ワザをよく知っているからです。

少し長くなってしまいましたが、柱の穴に身体が挟まるといったことは、現実的に有り得ることです。

以上のことから、もし、あなたが東大寺へ参拝へ行かれた際は、よく注意して、自分の身体が本当に入るのか?入らないのか?を、冷静に判断してみてください。

穴の手前まで身体を持っていけば、穴の大きさと自分の身体の大きさと比較できるハズです。

以上、あなたの東大寺への参拝が、良い思い出となることを心から願っております。合掌!

スポンサードリンク -Sponsored Link-

    

当サイトの内容には一部、専門性のある掲載があり、これらは信頼できる情報源を複数参照し確かな情報を掲載しているつもりです。万が一、内容に誤りがございましたらお問い合わせにて承っております。また、閲覧者様に予告なく内容を変更することがありますのでご了承下さい。

関連コンテンツ