ところで・・東大寺の宗派って何宗??

スポンサードリンク

東大寺の宗派って何宗??

東大寺は世界遺産指定の寺院ですが、他にも「大仏さん」や「修二会(お水取り)」がある寺院としてもスッカリと有名になっています。

しかしここで、こんな素朴な疑問が思い浮かびやしませんか?

『東大寺はいったい何宗の何派に属しているんだろう??』

ズバリ!東大寺の宗派は「華厳宗(けごんしゅう)」です。

ただ、奈良時代には「宗派」という概念がなく、現在で解せば「学派」つまり、学問に近いものがあります。

これは古来、東大寺が仏教を研究し学んで行くという姿勢を表して「学派」と呼びならわされていたためです。

およそ「宗派」という位置付けは鎌倉時代に成立したと考えられています。

また、奈良時代では、様々な学派の思想を研究したため「兼学の寺」と呼ばれ、奈良時代の東大寺では以下のような6つの学派(宗派)の思想を兼学していたようです。

南都六宗の一覧だよ
  1. 華厳宗:東大寺
  2. 倶舎宗:東大寺・興福寺
  3. 法相宗:東大寺・興福寺・薬師寺
  4. 三論宗:東大寺・元興寺・大安寺
  5. 成実宗:東大寺・元興寺・大安寺
  6. 律宗:東大寺・唐招提寺

実は僕、坊さんじゃないんダぉ。単に坊さんのコスプレが好きな クリリンの激ファンなんダぉ。

東大寺はこの6つの学派(宗派)を研究したいたため、別名で「南都六宗兼学の寺」とも呼ばれています。

東大寺の宗派の変遷

奈良時代

奈良時代の東大寺は上述、「六宗兼学の寺」とされ、大仏殿内には各宗の経論が納められた「六宗厨子(ずし)」と呼ばれる入れ物があったほどだと伝えられています。

平安時代

平安時代に差し掛かると、空海(のちの弘法大師)が東大寺の要職に就任し、境内に真言院を建てたことから真言宗にも属しています。なお、真言宗は大きな部類でまとめると「密教」になります。

日本密教と言えば空海の真言密教と最澄の「天台密教」がありますので、東大寺に真言宗の思想が取り入れらたということは、連動して天台密教も兼学することになります。

すなわち、平安時代の東大寺は上記、六宗に加えて「八宗兼学の寺」になっています。以降は「八宗兼学の寺」として歩むことになります。

八宗兼学の一覧だよ
  1. 華厳宗
  2. 倶舎宗
  3. 法相宗
  4. 三論宗
  5. 成実宗
  6. 律宗
  7. 真言宗
  8. 天台宗

なお、東大寺の開基「良弁(ろうべん)僧正」は華厳宗を勤修したことから、東大寺の宗派としての位置付けは「華厳宗」になっています。

東大寺の境内にはお堂やお寺がたくさんあるけど、それぞれ宗派が違うの??

東大寺の境内には、お堂や〜院と名前の付くお寺がたくさんありますが、これらは東大寺の「塔頭寺院(たっちゅう)」と呼ばれるものなので宗派はすべて東大寺に帰属します。すなわち、どのお堂や〜院も東大寺の子院であり、宗派や学派は同じです。


スポンサードリンク -Sponsored Link-






【補足】現代の宗派はどうなっているの??

現代では、上記、8つの宗派を基軸としてさらに枝分かれして、たくさんの宗派が誕生しています。現在、これら多くの宗派をまとめて「十三宗五十六派」と呼ばれています。

十三宗五十六派の一覧だよ

僕が3連発で出てきてウっとしぃなんて、これっぽっちも思っちゃダメなんだゾ。とんでもなく痛いことしちゃうんだから。

法相宗

法相宗

華厳宗

華厳宗

律宗

律宗

天台宗

天台宗

天台寺門宗

天台真盛宗

真言宗

古義真言宗
真言宗東寺派
真言宗善通寺派
真言宗山階派
真言宗醍醐派
真言宗泉涌寺派
新義真言宗豊山派
新義真言宗智山派
真言律宗

融通念仏宗

融通念仏宗

浄土宗

浄土宗
浄土宗西山光明寺派
浄土宗西山深草派
浄土宗西山禅林寺派

臨済宗

臨済宗建仁寺派
臨済宗東福寺派
臨済宗建長寺派
臨済宗円覚寺派
臨済宗南禅寺派
臨済宗大徳寺派
臨済宗向嶽寺派
臨済宗妙心寺派
臨済宗天龍寺派
臨済宗永源寺派
臨済宗方広寺派
臨済宗相国寺派
臨済宗佛通寺派
臨済宗国泰寺派

浄土真宗

浄土真宗本願寺派
真宗大谷派
真宗高田派
真宗佛光寺派
真宗興正派
真宗木辺派
真宗出雲路派
真宗誠照寺派
真宗三門徒派
真宗山元派

曹洞宗

曹洞宗

時宗

時宗

黄檗宗

黄檗宗

日蓮宗・一致派

日蓮宗
日蓮宗不受不施派
日蓮宗不受不施講門派(現・不受不施日蓮講門宗)

日蓮宗・勝劣五派

顕本法華宗
本門法華宗
法華宗(本成寺派)
本妙法華宗(本隆寺派)
本門宗

日蓮宗・その他の宗派

日蓮正宗(もと本門宗)

スポンサードリンク -Sponsored Link-

    

当サイトの内容には一部、専門性のある掲載があり、これらは信頼できる情報源を複数参照し確かな情報を掲載しているつもりです。万が一、内容に誤りがございましたらお問い合わせにて承っております。また、閲覧者様に予告なく内容を変更することがありますのでご了承下さい。

関連コンテンツ