東大寺を全面守護する神社!奈良・手向山八幡宮の「見どころ・絵馬の秘密・拝観料(拝観可能時間)・お守り・御朱印」などを紹介!!

スポンサードリンク

東大寺を全面守護する神社!奈良・手向山八幡宮の「見どころ・絵馬の秘密・拝観料(拝観可能時間)・お守り・御朱印」などを紹介!!

東大寺・中門を正面に向かいみて右手の方向には鏡池があります。

その鏡池沿いを歩く形で若草山の方へ歩いていくと、やがて鳥居が見えてきます。

この鳥居をくぐって更に進むとやがて真っ赤な朱色をした巨大な門が眼前に現れます。

この門こそが手向山八幡宮の入口の門となります。

以下ではこの手向山八幡宮についてご紹介しています。

奈良・手向山八幡宮【史跡名勝天然記念物】

創建年

749年(天平勝宝元年)

再建年

1250年(建長2年)

主祭神

応神天皇(品陀別命/ほんだわけのみこと)※中央殿

相殿神

姫大神(比売大神)
仲哀天皇(足仲彦命/たらしなかつひこのみこと)
神功皇后(息長帯姫命/おきながたらしひめのみこと)
仁徳天皇(大鷦鷯命/おほさざきのみこと)

史跡名勝天然記念物登録指定年月日

1932年(昭和7年)7月23日

祭典

お田植祭:2月節分の日
転害会(てがいえ):10月5日

手向山八幡宮の読み方

東大寺の境内には難しい漢字の表記で読みにくい名前の堂舎や仏像がありますが、「手向山八幡宮」は「たむけやまはちまんぐう」と読みます。

また別名で「東大寺八幡宮(とうだいじはちまんぐう)」「鎮守八幡宮」「手向山神社」とも呼称します。

手向山八幡宮の名前の由来

手向山八幡宮の「手向山」の由来とは「奈良県奈良市と京都府木津川市の県境の東西に延びる丘陵」を古来、「手向山」と呼んでいたことに起因するものです。

「手向」とは丘陵や山の頂(頂上)のことを意味します。もしくは人物や霊などにお供え物を供進することを言います。

現在ではあまり見る機会は少ないかも知れませんが、乗り物がない時代は峠や山頂には旅人の旅の安全を見守る「道祖神(どうそじん)」と呼ばれる神様がお祀りされていました。

この道祖神に対してお供え物をした旅人や地元の人が多かったことから、山頂を指す言葉として「手向け」という言葉も用いられていました。

手向山八幡宮の歴史と「創建された理由」

手向山八幡宮の創建は、古く749年(天平時代)と伝わっています。

手向山八幡宮が創建された理由としては以下のような理由が挙げられます。

大仏造立の最中、予想外に材料となる金が調達できず、工事は予定通りなかなか進みませんでした。

そんな状況があり、聖武天皇が大仏建立を諦めようとしていた時、宇佐八幡の神が枕元に立ちこう告げたといいます。

「金は必ず入手することができるでしょう。そして大仏建立は成ります。」

この話を聞いて飛び起きた聖武天皇は、これは霊夢(れいむ/お告げ)であることを悟り、急ぎ、九州・福岡の位置する「宇佐八幡宮」からご分神を東大寺へ勧請(招く)します。

この時、盛大な催しを行い、宇佐八幡の神を転害門から迎え入れ、すぐに社を造営します。

この造営された社こそが手向山八幡宮になります。

しかし創建時の手向山八幡宮は、現在の場所ではなく、ちょうど東大寺中門前の鏡池の畔(ほとり)に建てられていたと伝えられています。

後、1180年(治承4年)の平重衡による南都焼討の兵火によって、東大寺の伽藍もろともこの手向山八幡宮も焼失してしまいます。

焼失後、東大寺大勧進職であった僧侶・重源上人(ちょうげんしょうにん)によって1188年(文治4年)に再建されています。

しかし1250年(建長2年)に北条時頼が手向山麓に移す形で再建され、これが現在見ることのできる手向山八幡宮の姿になります。

現在見ることのできる手向山八幡宮は1932年(昭和7年)に国の史跡名勝天然記念物の指定を受けています。

尚、東大寺における国の史跡名勝天然記念物の範囲とは、東大寺旧境内となる「南大門、西大門跡、知足院、手向山八幡宮から若草山中腹」までの範囲が史跡の登録指定の範囲となります。

従って、正倉院やその北側は史跡名勝天然記念物の範囲に含まれていないことになります。

手向山八幡宮の御祭神「八幡神」

現在の手向山八幡宮の祭神は「応神天皇・姫大神・仲哀天皇・神功皇后・仁徳天皇」ですが、創建当初は別の神様(半分神様・半分仏様)が祀られていました。

その半神半仏というのが、なんと!現在、東大寺・大勧進「八幡殿」で祭祀されている「国宝・僧形八幡神坐像」になります。

僧形八幡神坐像が半神半仏といわれる理由とは、僧侶(仏門)の格好した神様だからです。

このような姿の像は「権現(ごんげ)」や「本地垂迹/ほんじすいじゃく)」と呼称し、「実体をもたない神様を、仏教の仏像と合わせて神様・仏様として崇めること」です。

後、明治時代初頭に明治政府によって神仏分離令が発令され、神仏の区分けが付けられましたが、その際、僧形八幡神坐像は大勧進・八幡殿に遷されることになります。

同時にこの法律の発令によって日本本来の古神道の姿が再興されたとも言えます。

国宝・僧形八幡神坐像に関しての詳細は当サイトの以下↓の別ページにてご紹介しております。

奈良 東大寺「勧進所・八幡殿」・僧形八幡神坐像【国宝】

転害会とは?「転害会の由来と起源」

上述したように宇佐八幡の神を勧請した際、10月5日に転害門(佐保路門)から迎え入れています。

この時の光景は圧巻だったようで、聖武天皇の熱狂ぶりが分かる程、かなり盛大に催されたようです。

数え切れないほどの人が歩く行列が編成され、この行列の後にさらに騎兵が20騎、騎馬10騎、神輿が続くほどの盛況ぶりであったと伝わっています。

この盛大な祭典を「転害会(てがいえ)」と呼称し、別名で「手掻会(てがいえ)」とも呼称します。

現在でも、この時の行事は継承されており、例年10月5日に宇佐八幡の神を祝うため、東大寺および手向山八幡宮では転害会の法要が営まれています。

転害会の起源と「過去は10月5日ではなかった??」

東大寺の転害会の歴史は古く、大仏創建前から開始され1539年(天文8年/戦国時代)までは勅祭として位置づけられていた程の祭典です。

実はこの転害会は、1539年以前は例年9月3日または9月13日に執り行われていましたが、神仏分離令以降は、10月5日に定められ、「勅祭ではなく奈良の祭典」として現在に至っています。

毎年10月5日は、宇佐八幡の神が東大寺へも鎮座されたことを祈念して、東大寺と手向山八幡宮の双方で各々、転害会が開催されます。

東大寺の転害会

東大寺の転害会では、勧進所で法要が営まれた後、上述した僧形八幡神坐像が特別一般公開されます。

手向山八幡宮の転害会

手向山八幡宮の転害会では、転害門の壇上で祭典が催されます。

平安時代では「八幡宮祭」とも呼称されていたほどの祭典で、手向山八幡宮の祭典の中でも重要な祭典になります。

祭典の内容としては3基の神輿が転害門の壇上と門の真下の置かれ、門の西側の面には大注連縄が飾りたてられます。

従来ほどの賑わいはありませんが、現在でも地元奈良の人々の間では欠かすことのできない行事の1つとして親しまれています。

手向山八幡宮の見どころ


スポンサードリンク -Sponsored Link-






絵馬

手向山八幡宮では、御祭神・応神天皇が寵愛したとされる「あつふさ」という名前の黒馬に国宝「唐鞍」を乗せたデザインの絵馬が授与されています。

尚、国宝「唐鞍」とは手向山八幡宮に収蔵されている国宝のお宝になります。

馬が常用されていた奈良時代から戦国時代などでは、馬を神社へ奉納していました。

奉納時に「晴天を祈願するのであれば白馬を奉納する」「雨乞いを祈願するのであれば黒馬を奉納する」という風習がありました。

つまり過去の風習に倣い現在でも生きている馬ではありませんが、馬になぞらえた絵馬を奉納するようになっています。

手向山八幡宮の絵馬は「立絵馬」と呼称し、絵馬が生きている馬のように直立させて立て置くことができます。

その他、この絵馬と同様のデザインをした土鈴(絵馬土鈴 )も授与されています。

手向山八幡宮の絵馬は有名ですので東大寺へ拝観された折には是非、この手向山八幡宮へも立ち寄ってみてください。

菅公腰掛石

菅公腰掛石」とは「かんこうこしかけいし」と読み、「菅公」とは学問の神様として有名な「菅原道真公」のことです。

菅原道真公は898年(昌泰元年)10月に朱雀院(宇多上皇)の付き添いで、この手向山八幡宮に紅葉狩りを兼ねて参詣されています。

この時に菅原道真公が腰を下ろして座ったと伝わる石です。

この時、手向山八幡宮の紅葉の素晴らしさに百人一首にも数えられるほどの名句を詠んでいます。

このたびは、幣もとりあへず手向山、紅葉の錦、神のまにまに

これを現代風に翻訳するとどのような意味合いになるかお分かりになりますか?

「まにまに」がクセものですね。頑張れば流行りそうな言葉です。「明日、まにまに?」「おぉ、まにまに、まにまに。」

・・こホんっ!

現代風に訳すると次のようになります。

『この度は天皇のお供という大役を担い、急な旅じゃった..ふぉっふぉっ
じゃから土地神様に捧げる幣(ぬさ)さえ用意できなかったわぃ..ふぉっふぉっ、ふぅぉぉう!
じゃけどもこの美しい山々の紅葉を変わりに奉納しますけぇ、どうかお気の済むまま受け取りなってくんしぇ。シぇ

・・など言った意味合いになるそうです。

なお、「まにまに」とは「思うままに」などいうような意味合いがあります。

手向山八幡宮の御朱印

手向山八幡宮の境内社務所(授与所)では御朱印を授与することができます。

東大寺の付近周辺は鳩が多くて、鳩の分の災害に悩まされてきた歴史を持ちますが、逆に手向山八幡宮では鳩が「向かい鳩」として御神紋になっています。

その向かい鳩が「八」の字の形状になって八幡宮の「幡」覆いかぶさり「鳩の羽根」になっています。↓

御朱印の値段は300円です。

手向山八幡宮の御朱印や東大寺のご朱印に関しては当サイトの以下↓の別ページにてご紹介しております。

奈良県・東大寺(二月堂・三月堂など)の御朱印の「種類・値段・購入場所」

 

八幡若宮の御朱印

八幡若宮とは手向山八幡宮の鎮守となる境内の若宮社の殿舎であり、若宮社の御朱印です。

八幡若宮の御朱印の値段:300円

この御朱印は宮司が書かれる御朱印になりますので宮司が居られる時にのみ授与できるようです。

よって手向山八幡宮の御朱印をすべて授与されたい方は、電話で問い合わせしてから宮司が居る時間を狙って訪れるのが賢明と言えます。

手向山八幡宮には限定の御朱印の授与がある??

また、手向山八幡宮では例年、「転害会(てがいえ)」と「御田植祭(おたうえまつり)」という2大行事が執り行われます。

この祭典の時には「限定御朱印」の授与がされることがあるようです。

手向山八幡宮の限定の御朱印が気になる方は、転害会や御田植祭が開催される前に手向山八幡宮へ直接、お問い合わせしてみてください。

「御田植祭」の開催日程

御田植祭の開催日:毎年2月節分の日
※節分の日は例年、若干、異なりますので都度、ご確認ください。
開催場所:手向山八幡宮

「転害会」の開催日程

転害会の開催日:毎年10月5日
開催場所:「手向山八幡宮」および「東大寺・転害門前(奈良市雑司町)」

手向山八幡宮 御朱印帳

手向山八幡宮の社務所では数冊、絵柄の異なる御朱印帳が販売されています。
キレイな花柄の御朱印帳など約6種類から7種類ありますが、手向山八幡宮オリジナルの御朱印帳は現在ないようです。
サイズは一般的な大きさの御朱印帳になりますので、気になった方や朱印帳を探しておられる方は是非!授かってみてください。

尚、東大寺の御朱印帳に関しては当サイトの以下↓の別ページにてご紹介しております。

東大寺の御朱印袋が欲しいっ!奈良県・東大寺の御朱印帳袋の「種類・値段、販売場所」

奈良県・東大寺御朱印帳の「種類・サイズ(大きさ)・素材・販売場所」(画像・写真付き)

手向山八幡宮 紅葉

境内には紅葉の他にイチョウの木もあります。

見頃は11月の中旬頃です。

色付きが11月初旬ぐらいから始まります。
3色の紅葉を見ようと思えば11月初旬から11月中旬に訪れると良いです。
ただし、紅葉の色づき具合はその年の気候・気温によって異なります。
紅葉が始まるのは昼の温度と夜の温度に差があることが条件で、昼の温度は最低10度以上は必要になります。

宝庫

奈良時代の創建の頃に造営された高床式の倉庫です。正倉院と同じ校倉造の建造物になります。

奈良時代の創建ということで国の重要文化財の指定を受けています。

東大寺・法華堂の経庫と類似しています。近くに法華堂の経庫がありますので興味のある方は見比べてみても良いですね。

校倉造を間近で見学してみたい方は是非!

尚、校倉造に関しては当サイトの以下↓の別ページにてご紹介しております。

奈良・東大寺「正倉院」の「歴史・由来・建築様式(構造)・大きさ・建てた人物」など

神門

手向山八幡宮の出入口ともなる一重・楼門になります。

左右には廻廊が接続されており、手向山八幡宮の威容を示す顔とも言えます。

門をくぐると両脇に社務所(授与所)があり、その向こうに本殿と拝殿がみえています。

住吉社・本殿

実は手向山八幡宮には重要文化財の指定を受けている宝物や殿舎が結構あります。

東大寺に注目そそがれ、目を向けられることはあまりありませんが、是非!手向山八幡宮も参拝に訪れてみてください。

その重要文化財の指定を受けているものの1つが住吉社・本殿になります。

屋根の茅葺のコケが歴史を感じさせます。

若宮神社

  • 御祭神:大鷦鷯命(仁徳天皇)

境内の南側に位置する神社です。手向山八幡宮の境内ではもっとも大きい殿舎となり、本殿の他に拝殿まであります。

若宮神社とは、「若い宮」と読み、通例では御本殿で祭祀されている御祭神の御子神(=若い)などを祭祀している神社になります。

一般的に八幡神とは「誉田別命(ほんだわけのみこと)」つまり「応神天皇」のことを指し、その御子神である仁徳天皇(大鷦鷯尊)を祀った神社であることから若宮神社の名前が付されています。

尚、若宮神社とは、ここ手向山八幡宮だけに存在する特別な社ではなく、日本全国の至る地域に存在する社となります。

神楽所(東照宮)

あまり知られていませんが、なんと!東大寺の境内にも江戸時代には東照宮があったのです!

東照宮とは徳川家康公を祀る神社であり、本総は栃木県にある日光東照宮になります。

東大寺の東照宮の場所は「東大寺・本坊の天皇殿」そのものが東照宮であったと云われております。

その東照宮が神仏分離令によって東大寺から切り離され、現在はこの手向山八幡宮の境内・神楽所内部(北側)に移築されています。

東照宮といえばどうしても日光東照宮をイメージしてしまい豪勢な造りの神社というイメージが頭から離れませんが、手向山八幡宮の東照宮は覆屋(おおいや)風の質素な殿舎になりますので見落とすかも知れません。

ご興味のある方は神職さんに直接お尋ねになってみてください。

尚、東大寺の本坊の場所とは、南大門の付近にある堂舎であり、もとは「東大寺・東南院」と呼称されていた場所です。

非常に残念ですが東大寺の本坊(宗務所)は一般の参拝者は見学することができない禁足地帯となります。

手向山八幡宮のご利益

  • 旅行安全
  • 交通安全
  • 国家安泰
  • 一家安全・円満

手向山八幡宮へ参拝に来られた方は、是非!帰宅時、自宅に着くまでの交通安全も祈願してみてください。

手向山八幡宮の拝観料金と拝観可能時間(営業時間)・定休日・拝観所要時間

入場料金(拝観料金):無料
営業時間(参拝可能時間/社務所営業時間):
基本:8時~16時30分
9月:7:30~17:30
10月:7:30~17:00
11月:8:00~16:30
定休日:年中無休
拝観所要時間:約30分から50分

手向山八幡宮へのお問い合わせ先

住所:奈良県奈良市雑司町434
電話番号:0742-23-4404
(電話受付時間は社務所の営業時間に等しい
FAX番号:0742-23-4410

手向山八幡宮の場所とアクセス(行き方)

手向山八幡宮は東大寺・中門から鏡池の前を通ってそのまま直進します。

途中に鳥居が見えてきます。この鳥居は手向山八幡宮の一の鳥居になります。

鳥居をくぐると参道の両脇には群生する木々が見受けられます。また。参道は少し坂道になっています。

しばらく進むと手向山八幡宮境内への入口となる朱色の楼門が見えてきます。

スポンサードリンク -Sponsored Link-

    

当サイトの内容には一部、専門性のある掲載があり、これらは信頼できる情報源を複数参照し確かな情報を掲載しているつもりです。万が一、内容に誤りがございましたらお問い合わせにて承っております。また、閲覧者様に予告なく内容を変更することがありますのでご了承下さい。

関連コンテンツ