奈良 東大寺・三昧堂(四月堂)【重要文化財】

スポンサードリンク

奈良 東大寺・三昧堂(四月堂)【重要文化財】

創建年

1021年(治安元年)

再建年

1681年(延宝9年)改築

建築様式(造り)

二重・寄棟造

大きさ

四辺:約6m

屋根の造り

本瓦葺

ご本尊

千手観音菩薩立像
普賢菩薩立像※元・ご本尊

重要文化財登録指定年月日

1903年(明治36年)4月15日

発願者

仁仙法師
助慶上人

東大寺・三昧堂(四月堂)の読み方

東大寺の境内には難しい漢字の表記で読みにくい名前の堂舎や仏像がありますが、三昧堂は「さんまいどう」と読みます。

また別名で「四月堂(しがつどう)」とも読みます。

東大寺・三昧堂(四月堂)の歴史・由来


スポンサードリンク -Sponsored Link-






東大寺・三昧堂(四月堂)の歴史は不鮮明な部分が多く、現在に至っては1202年(治安元年)の創建と伝えられています。

創建したのは仁仙大法師と助慶上人の2人です。

1021年(治安元年)に仁仙大法師と助慶上人の2人が「法華三昧」を行う際に創建されたのが三昧堂(四月堂)になり、この「法華三昧」が堂舎の名前の由来になっています。

「法華三昧」とは法華経の経典に基づいて「悟りの境地に至るための修法のこと」です。

悟りの境地に至るために法華経の経典をひたすら読経する修法になります。

尚、この時、仁仙大法師と助慶上人が修行に入ったのが4月であったことから別称「四月堂」の名前が付されています。

現在みることのできる堂舎は1692年(延宝9年/江戸時代)に再建された時の姿になります。

堂舎の材質の年代判定から再建の際に鎌倉期・室町期の廃材を使用して再建されたものだと考えられています。

東大寺・三昧堂(四月堂)のご本尊「千手観音菩薩立像」

大寺・三昧堂(四月堂)のご本尊は「千手観音菩薩立像(せんじゅかんのんりゅうぞう)」になります。

千手観音は平安時代後期あたりから一般庶民層にまで広く知れ渡った仏様で、正式名を「千手千眼観自在菩薩(せんじゅせんげんかんじざいぼさつ)」と呼称します。

千本の手の平には眼(お目々)が付いており、これらは「無限」を意味する言葉であり、「すべての衆生を漏らさず救う」の意味が込められています。

ただし、現世においての千手観音の腕は実際に1000本もなく42本が通例とされています。

また顔に関しても複数持っており、11面から27面もある千手観音が存在するなど、バリエーションが豊富な仏様です。

尚、三昧堂(四月堂)の千手観音に関しては11面ド頭が存在し腕が42本あります。

これらの本数は「千手千眼観自在菩薩秘密法経」の内容に記された記述に基づいて造像されています。

また、千手観音は眷属として自らの四方(東西南北)を守護する意味合いで「二十八部衆」を従えています。

二十八部衆には七福神で有名な毘沙門天を筆頭に帝釈天や梵天といった強力な力を持った仏様たちがいます。

東大寺・三昧堂(四月堂)「千手観音」の特徴

東大寺・三昧堂(四月堂)の千手観音は、ヒノキ材を用いた一木造り(1本の木から造像する方法)で造像されています。

これは日本における千手観音立像としては唐招提寺・金堂の千手観音立像(造立年:奈良時代後期)に、次ぐ2番目に最古の千手観音立像と云われております。

ただ、この千手観音立像に関しては不明な点が多く、創建当初からこの三昧堂(法華堂)にあったものではないと考えられています。

これついてには諸説、述べられていますが、東大寺の前身と云われる金鐘寺・本堂の付近にかつて存在していた「千手堂」の本尊ではなかったのか?・・という説が濃厚であると考えられています。

その他、この千手観音立像以外にも堂内には「普賢菩薩像」も安置されており、かつては三昧堂(四月堂)のご本尊でした。

東大寺・三昧堂(四月堂)の場所とアクセス(行き方)

東大寺・三昧堂(四月堂)は、大仏殿から所要時間にして徒歩約6分ほどの場所に位置します。
詳しくは中門を向かいみて右手方角は歩き、鏡池を過ぎて手向山八幡宮の一の鳥居をくぐり直進した先に位置します。
三月堂(法華堂)の目の前です。
向かいには「東大寺繪馬堂茶屋」という東大寺境内のカフェ店があります。

スポンサードリンク -Sponsored Link-

    

当サイトの内容には一部、専門性のある掲載があり、これらは信頼できる情報源を複数参照し確かな情報を掲載しているつもりです。万が一、内容に誤りがございましたらお問い合わせにて承っております。また、閲覧者様に予告なく内容を変更することがありますのでご了承下さい。

関連コンテンツ