奈良 東大寺・転害門【国宝】

スポンサードリンク

奈良 東大寺・転害門【国宝】

東大寺・転害門 国宝
創建年

  • 不明
  • 推定:762年頃(天平宝字6年/奈良時代)
再建年

  • 1194年~1195年(建久5年~6年)
昭和の大修繕

  • 1931年~1932年(昭和6年~7年)

※老朽柱3本取替え

建築様式(造り)

  • 切妻造り
  • 三棟造り
  • 8本柱※八脚門(本柱含んで12本)
  • 一重
屋根造り

  • 本瓦葺
大きさ

  • 三間一戸
  • 横幅:約17.5m
  • 高さ:約10m
重要文化財指定年月日

  • 1899年(明治32年)4月5日
国宝指定年月日

  • 1952年(昭和27年)3月29日

東大寺・転害門の読み方

東大寺・転害門は「とうだいじ てんがいもん」と読みます。

東大寺・転害門の名前の由来と意味

東大寺・転害門の名前は少し特徴的な名前をしています。

この名前の由来には諸説あって、以下のような由来があるようです。

・転害門が建っているあたりの古来からの地名の「手貝」「天貝」「手蓋」に由来した「あて字」という説。

・祭祀に基づけば、転害門は大仏殿から見て「吉祥の方位」に位置し、「害を転じる(害を他の方角へ退ける)」と云わた説。

・古来、大分県の宇佐神宮の祭神・八幡神を東大寺の鎮守としてお招きした際、東大寺に向けて通る「神幸道路(一条大路)」にて、殺生が禁止された由来からの「害が転んだ=転害」という説。

・転害門の東側に「てんがい」と呼称される「石臼(いすうす」が置かれていたため。

・東大寺の境内南西に位置する「手向山八幡宮」の法要・「手掻会(てがいえ)」の神輿の御旅所(開始の場所)が転害門であったことから「手掻会(てがいえ)⇒てんがいえ⇒転害門(てんがいもん)」と「語呂を合わせ当てた」という説。

・「東大寺四聖の行基」が「インドからの高僧・菩提僊那(ぼだいせんな)」をこの転害門で出迎え時に、手を掻くように動かして招いき入れたことから「手掻門」と呼称された説。

他にも、鎌倉時代、大仏殿での法要(開眼供養)に参列した源頼朝を暗殺するために、伊藤景清(悪七兵衛/平景清)なる人物が転害門に潜んで様子を伺っていた伝記から別名で「景清門」と呼称された説などもあります。

伊藤景清の伝説は日本各地に残されているようで、京都・清水寺にも「景清の爪彫り観音」が残されています。

また、かつて東大寺の伽藍はちょうど平城京の東側の大通り「東七坊大路」沿いに面しており、そんなことからこの通り沿いに門が設けられ、北端から以下のような門が存在していました。

  1. 佐保路門(さほじもん)
  2. 中御門
  3. 西大門

実はこの中の「佐保路門」が「かつての転害門の呼称である」と云われており、他にも「転掻御門」とも呼ばれていた歴史もあります。

時代を経る過程で伽藍が様相が変化し、それに伴い呼称が推移していったものだと考えられます。

東大寺・転害門の歴史・見どころ


スポンサードリンク -Sponsored Link-






上記のようにこの転害門は平城京の東側の大通りと隣接していたこともあり、ひときわ注目を浴びていましたが、残念ながら転害門よりもさらに大きな門がかつて転害門の南側に存在していました。

その門こそが「西大門」です。

西大門にはかつて聖武天皇の筆で「金光明四天王護国之寺」と大きく書かれた扁額(へんがく)が飾られており、東大寺の正門として位置づけられていました。

平城京の正門「朱雀門」の前の二条通り沿いに立つ西大門は、現在の南大門をはるかに凌ぐ規模であったと伝えられております。

東大寺は過去に幾度かの火事に見舞われています。

その中でも「1180年(治承4年/鎌倉時代)」と「1567年(永禄10年/戦国時代)」の二度の火災(兵火)が特に規模が大きく、この火災によって、かつて東大寺に存在した大伽藍のほとんどは燃え尽きてしまいました。

その中でも奇跡的の残った遺構の1つであるのが、この転害門です。

つまり現在みることのできる「転害門は創建当初から存在する門」ということになります。

延焼を免れた理由とは、単純に「転害門が立つ立地」によるものと考えることができます。

伽藍の北の西端という立地が奇跡につながったと言わざるとえません。

東大寺・転害門の見どころと建築様式(造り)

東大寺・転害門の見どころ・その1「二重虹梁蟇股」

転害門の妻側の屋根には、形状は少し異なりますが、法隆寺と同様の「蟇股(かえるまた)」が造立されています。

この蟇股は「二重虹梁蟇股(にじゅうこうりょうかえるまた)」と呼称する天平時代に流行した建築様式であり、確かに天平時代に造立された証拠を示すものでもあります。

東大寺転害門 二重虹梁蟇股

東大寺・転害門の見どころ・その2「組入天井」

転害門の手前側の門の天井は「組入天井(くみいりてんじょう)」と呼称される造りとなっています。

組入天井とは奈良時代から平安時代前期に見られた建築様式で、特に格式の高い建造物に用いられた基本的な天井の造りのことです。

東大寺・転害門 組入天井

この天井の造りからも、天平文化の遺構であることが見受けられます。

組入天井は、年数を経ることでの建物の劣化に起因する「建物全体の歪みを正すため」の建築技法であるとも云われております。

なお、東大寺・転害門も実は鎌倉時代に大修繕が行われており、所々に鎌倉時代の建築様式で補修された遺構を見ることもできます。

その中でも特に屋根の建築様式は鎌倉時代の特色を物語る屋根になっていますが、門全体として捉えた時に、天平文化の遺構が多く取り残されていることから国宝へ登録されるに至っております。

あと、門の手前中央部に掲げられている大注連縄ですが、この大注連縄は地元・川上町などの崇敬者によって奉納されたものだそうです。

毎年、10月5日の「転害会(てがいえ)」の折に、この大注連縄がかかげられ、その下に3基の神輿が置かれます。

尚、転害会に関しての詳細は当サイトの以下↓の別ページにてご紹介しております。

東大寺を全面守護する神社!奈良・手向山八幡宮の「見どころ・絵馬の秘密・拝観料(拝観可能時間)・お守り・御朱印」などを紹介!!

奈良 東大寺・勧進所

東大寺・転害門の見どころ・その3「八脚門」

東大寺の転害門は三間一戸・一重の八脚門になります。

八脚門とは「やつあしもん・はっきゃくもん」と読み、これは8本柱が備わる門という意味になるのですが、実は厳密には柱が12本あります。

12本柱があるのに、あえて「八脚門」と呼称される理由はお分かりなりますか?

ちょっと考えてみてください。

・・

・・

・・

残念無念~!!ハズレです。

正解は、中央横一線に並ぶ本柱4本を除いた「前4本、後ろ4本の柱」が対象となり、合計で8本の脚があると解釈されることから「ハ脚門」と呼ばれています。

 

ちなみにこれは余談ですが、京都・清水寺の仁王門の奥にある「轟門(とどろきもん)」は、この東大寺・転害門を模して造営されたと云われています。

東大寺・転害門の見どころ・その4「三棟造り」

この転害門は手前に柵が施されており、通常は近づくことができませんが、角度を変えて下から見上げると屋根の中にさらに2つ屋根があるのが視認できます。

このように屋根が3つある造りを「三棟造り」と呼称し、主に奈良時代に流行した建築様式になります。

同じ奈良では薬師寺の中門や法隆寺の東大門などでも観ることができます。

東大寺・転害門の場所【地図】とアクセス(行き方)

転害門は、東大寺境内北西の方角に位置する正倉院と、聖武天皇陵墓の間にあります。

国道369号線の「転害門交差点」付近にある「奈良市立鼓阪小学校」の近くにあります。

東大寺 転害門 地図

住所

  • 奈良県奈良市雑司町406-1

東大寺・転害門の見学できる時間(拝観時間)・拝観料金

  • 見学自由(24時間)

※門の通り抜け・門の中への進入は禁止

  • 拝観料金:無料
スポンサードリンク -Sponsored Link-

    

当サイトの内容には一部、専門性のある掲載があり、これらは信頼できる情報源を複数参照し確かな情報を掲載しているつもりです。万が一、内容に誤りがございましたらお問い合わせにて承っております。また、閲覧者様に予告なく内容を変更することがありますのでご了承下さい。

関連コンテンツ