奈良 東大寺「開山堂」【国宝】

スポンサードリンク

奈良 東大寺「開山堂」【国宝】

創建年

  • 不明
  • 1019年(寛仁3年)
再建年

  • 1250年(建長2年)※鎌倉時代
建築様式(造り)

  • 宝形造り
屋根の造り

  • 本瓦葺き
発願者

  • 不明

東大寺・開山堂の読み方

東大寺の境内には、難しい漢字の表記のお堂や仏像が安置されていますが、「開山堂」は「かいざんどう」と読みます。

東大寺・開山堂の名前の由来

この開山堂は、東大寺を開山したとされる「良弁僧正」を祀っていることから”開山堂”の名前が付されています。

良弁僧正の人物像についての詳細は以下の別ページにてご紹介しています。

奈良 東大寺(開山堂)・良弁僧正坐像【国宝】

東大寺・開山堂の建築様式と特徴

開山堂は「宝形造り」と呼ばれる二等辺三角形の屋根が4つ組み合わせされて、その中央部分に宝珠が据えられた造りになります。

屋根瓦は瓦葺きで葺かれています。

扉には框付きの板扉が設置され、出入り口左右には縦長の連子窓が据えられています。

中備えは簡素な舟肘木で組み上げられ、屋根上の宝珠と合わせて徳の高い個人を祀るための霊廟であることを訴えかけています。

しかし、外観は簡素でありながら堂内には大仏様(だいぶつよう)で造営された内陣が備わり、毎月16日にはこの内陣に東大寺の僧侶が全員集合して「開山忌」の法要が営まれます。

東大寺・開山堂の歴史

この開山堂は、1019年(寛仁3年)に創建されていますが、実は現在の場所とは異なる場所に建てられていたとされています。

創建以降、重源上人によって大仏様を用いた四方一間の大きさの堂舎に改築されていますが、1250年(建長2年)に現在の場所に移築されています。

移築された際、三間四方の現在見ることができる堂舎にさらに改築されています。

東大寺・開山堂の見どころ

奈良 東大寺(開山堂)・良弁僧正坐像【国宝】

開山堂内、内陣の中央には八角造の厨子(豪華な箱)が置かれており、この厨子の中には良弁僧正像(国宝)が安置されています。

良弁僧正坐像【国宝】については以下の別ページにてご紹介しています。

奈良 東大寺(開山堂)・良弁僧正坐像【国宝】

良弁忌(開山忌)

良弁忌とは、開山である良弁僧正を偲んで執り行われる法要のことであり、毎年12月16日に営まれています。

実は通常、この開山堂には一般の参拝者が立ち入ることは叶わないのですが、毎年12月16日のみは堂舎の扉が開扉され、内部では法要が営まれます。

その際、内部を拝観することが可能になり、その際、上記の良弁僧正像(国宝)を拝観することができます。

なお、拝観料は無料です。

良弁忌の詳細、もしくは東大寺の1年を通しての特別開扉(特別拝観)についての詳細は以下の別ページにてご紹介しています。

奈良・東大寺の「仏像(秘仏)」特別一般公開(御開帳)の日程と時間・拝観料金・一覧

奈良 東大寺「開山堂」の場所(地図)

東大寺・開山堂は三月堂の手前に位置します。大仏殿から徒歩約5分ほどです。

スポンサードリンク -Sponsored Link-

    

当サイトの内容には一部、専門性のある掲載があり、これらは信頼できる情報源を複数参照し確かな情報を掲載しているつもりです。万が一、内容に誤りがございましたらお問い合わせにて承っております。また、閲覧者様に予告なく内容を変更することがありますのでご了承下さい。

関連コンテンツ