市バスではなく「奈良交通バス」で近鉄奈良駅(JR奈良駅)から東大寺へのアクセス(行き方)

スポンサードリンク

市バスではなく「奈良交通バス」で近鉄奈良駅(JR奈良駅)から東大寺へのアクセス(行き方)

奈良県・東大寺へのアクセス・行き方バスで「市営バス・高速バス(夜行バス)で東大寺」まで以下では東大寺の最寄り駅「JR奈良駅」「近鉄奈良駅」双方から東大寺までのバスでのアクセス方法をご紹介しています。

JR奈良駅、近鉄奈良駅からはバスが安くて早くて便利です。その上、内循環(内まわり)、外循環(外まわり)という2系統のバスが1時間に6本〜7本運行しています。

すなわち、1本逃したとしても次のバスがおおむね5分〜10分くらいして到着するワケです。

以下ではJR奈良駅・近鉄奈良から東大寺へのアクセス方法と混雑回避方法についても述べています。

まず・・東大寺の最寄りバス停のご紹介から・・

  • 赤バス「大仏殿駐車場前バス停」※大仏殿(拝観入口)まで徒歩約2分
    ※赤バスも奈良交通が運行しています。
  • 奈良交通バス「東大寺大仏殿前バス停」※※大仏殿(拝観入口)まで徒歩約4分
  • 奈良交通バス「東大寺大仏殿・春日大社前バス停」※大仏殿(拝観入口)まで徒歩約5分

奈良市内を走るバスは「奈良市営バス」ではなく「奈良交通バス」!

まず、東大寺方面しいては奈良市内を走るバスは「市バス」ではなく、「奈良交通株式会社」が運営する「奈良交通バス」になります。

⬆通常の奈良交通バス

この他、奈良交通には「ぐるっとバス」という「真っ赤な郵便ポストの色」や「青い沖縄の美しい海を彷彿とさせる青色」の100円バスも運行しており、東大寺や興福寺、春日大社付近まで行くことができます。

⬆ぐるっとバス(ならまちルート)

⬆ぐるっとバス(平城京ルート)

ぐるっとバスは、料金が100円と安いのですが、バス車内は狭く、すぐに満員になります。さらに毎日運行しているわけではなく、以下の日にしか運行していません。

  • 土日祝日
  • 観光シーズンである10月〜11月の間(毎日)

この上、通常の奈良交通バスとは異なり、1日の運行本数が少なく、さらに最終運行時間もおおむね夕方で終了します。(詳細は後述)

2019年よりぐるっとバスは大幅にルートが改変されており、大宮通りルートのバスが東大寺南大門の前(大仏殿前駐車場バス停)までアクセスするようになっています。すなわち赤色と青色のいずれのぐるっとバスへ乗車しても東大寺方面へアクセスできるので大幅にぐるっとバスの利便性は向上したことになります。

「奈良市内循環バス」で、JR奈良駅から東大寺へのアクセス(行き方)

以下では、東大寺の最寄駅となる「JR奈良駅」もしくは「近鉄奈良駅」から、東大寺までの乗車するバスの種類や運賃、所要時間について述べています。

しかし、中には奈良観光が初めての方もいると思われますので、まずはJR奈良駅と近鉄奈良駅との位置関係をご紹介しておきます。

JR奈良駅と近鉄奈良駅との位置関係

⬆左下がJR奈良駅。右上が近鉄奈良駅。少し距離が離れていることが分かる。
東大寺を中心としたJR奈良駅と近鉄奈良駅の位置関係

上図を見ていただければ分かりますが、JR奈良駅と近鉄奈良駅は、徒歩での所要時間が約13分、距離が1.1kmも離れていることが分かります。また、JR奈良駅より近鉄奈良駅の方が東大寺に近いことが理解できます。

このJR奈良駅、近鉄奈良駅の双方からは以下でご紹介するようなバスが東大寺付近まで運行しています。


スポンサードリンク -Sponsored Link-






JR奈良駅

⬆JR奈良駅・東口を出たところ。

JR奈良駅からは「東口を出て2番のりば」から以下の系統のバスへ乗車します。

  • 「2系統・奈良市内循環バス(外回り)」
  • 「56系統・58系統・62系統 山村町行き」
  • 「57系統・59系統 藤原台行き」
  • 「61系統・鹿野園町行き」
  • 63系統・64系統・65系統・72系統・77系統・78系統 春日大社本殿行き」
  • 「122系統・下水間行き」
  • 「124系統・北野行き」
  • 「160系統・72系統 高畑町行き」
JR奈良駅のバス乗り場(地図)

⬆JR奈良駅のバスのりば。東口(上図右上)の2番乗り場から循環バス(外回り)へ乗車する。
⬆︎2番のりばの外観
⬆︎駅舎を出ると写真のような案内板が立っている。
もう1枚!角度を変えて撮影!..カシャっ

上記でご紹介した数ある系統のうち、2系統の「市内循環バス」がもっとも本数が多く、最短時間で「東大寺大仏殿・春日大社前バス停」まで到着できます。

奈良市内循環バスで東大寺までの運行所要時間

「奈良市内循環バス」は、朝5時台から10分間隔で運行しています。

これなら遠方から夜行バスで到着してもすぐ乗れるから安心できますね。ウフ

  • JR奈良駅(東口)から東大寺まで約10分
奈良市内循環バスで東大寺までの料金(運賃)

JR奈良駅から近鉄奈良駅から共、220円です。(市内一律)

下車するバス停

下車するバス停は「東大寺大仏殿・春日大社前バス停」になります。バス停の場所は「大仏殿交差点」もしくは南大門」の南側になります。

 時刻表はコチラから(平日・土日祝日)

東大寺大仏殿・春日大社前バス停の場所

⬆️東大寺大仏殿前・春日大社前バス停の外観

「東大寺大仏殿前・春日大社前バス停」から南大門までの所要時間・距離

所要時間:約6分
距離:350m
バス料金:220円(奈良市内一律)

「春日大社本殿行き」へ乗車した場合は「東大寺大仏殿前バス停」で下車する!

63系統・64系統・65系統・72系統・77系統・78系統 春日大社本殿行き」のバスへ乗車した場合は、南大門前の「大仏殿交差点」で右折せずに、そのまま直進して春日大社本殿へ向かいますので、下車するバス停が東大寺大仏殿前バス停」になります。(場所は後述)

少しややこしいのですが、詳しくは奈良交通バスの運行経路図を見れば理解できます。

奈良交通バス運行経路図

「東大寺大仏殿前バス停」に到着するバス系統

上述したように、もう1つ「東大寺大仏殿前バス停」というバス停がありますが、このバス停には、以下の系統のバスが停車します。

  • 「7系統・77系統・97系統春日大社本殿行き」
  • 「ぐるっとバス(奈良公園ルート)」 ※廃止(大仏殿前駐車場バス停へルートおよびバス停位置変更)
⬆バスを降りて振り返ると大きな参道があります。この参道を約3分直進すれば南大門が出てきます。南大門をくぐれば大仏殿の屋根が見えます。

⬆️東大寺大仏殿前バス停の外観

東大寺大仏殿前バス停から南大門までの所要時間・距離

所要時間:約5分
距離:270m
バス料金:220円(奈良市内一律)

【補足1】観光シーズンは終着・始発バス停に注意!

奈良交通では、渋滞による大幅な遅延を回避するため、春と秋の観光シーズンに「春日大社本殿バス停を利用しない」という対策をとっています。

これは、先にご紹介した「77系統・97系統春日大社本殿行き」のバスに適応されます。

通常、77系統と97系統は、東大寺の最寄りバス停「東大寺大仏殿前バス停」の後、「奈良春日野国際フォーラム甍前バス停」→「春日大社本殿バス停」に停車しますが、該当する日には「東大寺大仏殿・春日大社前バス停」が終着地となります。

また、「春日大社本殿バス停」から運行するバスは「東大寺大仏殿・国立博物館」が始発地点となります。

「春日大社本殿バス停」始発の便

10時から最終便まで、「東大寺大仏殿・国立博物館」始発に変更

この終着・始発バス停の変更は、例えば2018年の場合、以下の期間・時間で実施されています。

最新情報は、奈良交通のホームページの「お知らせ」でご確認ください。

観光シーズンの終着・始発バス停変更の期間・曜日

  • 春:4月14日~5月27日の間の土日祝日
  • 秋:9月29日~11月25日の間の土日祝日

【補足2】その他に東大寺へ行く系統のバス

以下のバスへ乗車しても東大寺まで行けます。バスのりばは「東口の2番乗り場」になります。

  • 「123系統・奈良春日病院行き」
⬆JR奈良駅から東大寺までの奈良交通バスの路線図

注意点は、東大寺へ向かうバスの乗り場は西口ではなく「東口」になります。東口が東大寺・興福寺・春日大社がある方角になります。

【補足】JR奈良駅構内図と東口への行き方

JR奈良駅は改札口が1つという単純構造が採用されていますので迷うことはありません。電車を降りてからは頭上の案内板を見ながら改札を目指すだけです。

さらに改札も西口と東口しかありませんので、改札を出てからも迷うことはないでしょう。

JR奈良駅の改札を出た瞬間の景観

改札を出た正面には大きく「⬅︎西口」「東口➡️」と書かれた看板が見える。この看板には観光案内パンフレットが置かれているのが見える。

なお、JR奈良駅は東口と西口双方に「バスのりば」と「タクシーのりば」があります。東大寺や奈良ホテル方面は「東口」です。くれぐれもお間違いなきようご注意を。オホ

JR奈良駅東口の方向を向いた景色

奥に「東口」や「バスロータリー」「タクシーのりば」の案内板が見える。

JR奈良駅西口の方向を向いた景色

西口には「ホテル日航奈良」というレンガ調造りのホテルがあるので目印になる。

JR奈良駅構内図


スポンサードリンク -Sponsored Link-






近鉄奈良駅

近鉄奈良駅の場合は「出入口5(西北出口)の前の1番のりば」から同じく奈良交通バスへ乗車します。乗車する系統は下記の通りです。

  • 「2系統・奈良市内循環バス(外回り)」
  • 「6系統 中循環(近鉄奈良駅からのみ)」
  • 「56系統・58系統・62系統 山村町行き」
  • 「57系統・59系統 藤原台行き」
  • 「61系統・鹿野園町行き」
  • 63系統・64系統・65系統・72系統・77系統・78系統 春日大社本殿行き」
  • 「122系統・下水間行き」
  • 「124系統・北野行き」
  • 「160系統・72系統 高畑町行き」
⬆出入口5の横にバス停がある。

⬆️近鉄奈良駅前バス停の景観

近鉄奈良駅から出入口5(5番出入口)への行き方

出入口5は近鉄奈良駅の西口改札から出ます。近鉄奈良駅は東口がメインのようなものなので東口と比較すると西口は殺風景です。

近鉄奈良駅は地下になるので地下から地上へ上がることになります。

  ⬆️近鉄奈良駅西口改札(右側から出る)

⬆️右側から出る(この道を直進!)

⬆️ この階段を上がる!

⬆️バス乗り場は出入口の後方にあるので回り込む!アチョー!!

奈良市内循環バス(外回り)」で東大寺まで行けます。

上記の路線図を見れば分かりますが、近鉄奈良駅を運行するバスは、JR奈良駅から運行しているバスと同じ系統のバスです。

すなわち「JR奈良駅→近鉄奈良駅」という順番でバスが運行して行きますので、必然的にどの系統のバスも経路が同じになるということです。

下車するバス停も当然同じで「東大寺大仏殿・春日大社前」バス停になります。もしくは上述したように「春日大社本殿前行きのバス」へ乗車して「東大寺大仏殿前バス停」で下車しても構いません。

⬆近鉄奈良駅バスのりば。西北出口(5番出口)から出ると1番のりばが近い。
⬆近鉄奈良駅5番出口。道路向こうにバスターミナルが見える。奥には東大寺行きのバス停が見える。
⬆近鉄奈良駅・東大寺行きバスのりばの画像(写真)
奈良市内循環バスで東大寺までの運行所要時間

  • 近鉄奈良駅から東大寺まで約4分
奈良市内循環バスで東大寺まで料金(運賃)

同じく220円です。

 時刻表(平日はコチラ)(土曜日はコチラ)(日祝はコチラ

土日祝日に奈良東大寺へ来るの際は、奈良市内をお得に循環する「ぐるっとバス」で!

土日祝日および秋の観光シーズン(10月下旬〜11月半ばまで)は、1回100円で乗車できる「ぐるっとバス」が運行しています。

2019年4月以降、ぐるっとバスのルートやバス停の位置などの改変があり、ぐるっとバスの運行本数の増加、ルート・バス停の位置変更など、利便性が飛躍的に向上しています。

その一環で現在、下記、青色のぐるっとバスのみ平日でも30分間隔で運行しています。

奈良公園(東大寺・春日大社・興福寺・ならまち)へ向かう「ぐるっとバス」は赤色と青色!

JR奈良駅および、近鉄奈良駅から→奈良公園(東大寺・春日大社・興福寺・ならまち)へ向かうぐるっとバスの外観は「赤色のバス」と「青色のバス」をしているので視界に入りやすいです。

  • 赤色のぐるっとバス「奈良公園(東大寺・春日大社・興福寺・ならまち)」ルート
  • 青色のぐるっとバス「平城宮跡(朱雀門ひろば)・大宮通りルート」

 

⬆️東大寺方面を運行する「ぐるっとバス」の外観。戦隊もののセンター(真ん中)のレッドを彷彿とさせる。..変身っ!とぅ!

⬆️東大寺・春日大社方面へ行く平城宮(大宮通り)ルートの「ぐるっとバス」

オレンジ色の「ぐるっとバス」は春日大社本殿・若草山行き!

ただ、現在は奈良公園ルートが細分化されてさらにもう1種類、オレンジ色のバスが誕生しています。

まとめると現在、オレンジ、赤、青の3種類3色のバスが運行していますが、「オレンジ色のバス」は「若草山山麓ルート」です。

このバスは大仏殿前駐車場から名前の通り若草山、手向山八幡宮(二月堂)、春日大社本殿へ至り、再び大仏殿前駐車場へ戻ってくるバスです。

 

これらの「ぐるっとバス」は、朝9時台から17時台までの間の15分間隔で運行しています。(ぐるっとバスの時刻表はコチラ

ただ、現在、青色の平城宮行きルートのバスが東大寺・奈良公園方面へもアクセスしていますので、ぐるっとバスの利便性は飛躍的に向上しています。

つまり15分間隔ですが、2種類のルートのバスが運行していることから待ち時間は大幅に短縮されることになります。

ぐるっとバスの運行ルート【赤色】

往路

JR奈良駅西口→近鉄奈良駅→国立博物館→東大寺(大仏殿前駐車場バス停)

復路

東大寺(大仏殿前駐車場バス停)→高畑駐車場・浮見堂→元興寺・ならまち→JR奈良駅西口

ぐるっとバスの運行ルート【青色】

往路

春日大社本殿→国際フォーラム甍前→大仏殿前駐車場→大仏殿・国立博物館→近鉄奈良駅→油坂船橋商店街→奈良市庁前→宮跡庭園→朱雀門ひろば

復路

朱雀門ひろば→宮跡庭園→奈良市庁前→油坂船橋商店街→近鉄奈良駅→氷室神社・国立博物館→大仏殿前駐車場国際フォーラム甍前→春日大社本殿

※注意※ 9/14〜11/24までの土日祝日は[大仏殿前駐車場]までの折り返し運行!

JR奈良駅発の「ぐるっとバス」

JR奈良駅なら西口の「16番のりば」から発着しています。(東大寺方面行きの奈良交通バスは”東口”なので逆の出口になる)

注意点としてはJR奈良駅発の「ぐるっとバス」は赤色のぐるっとバスのみです。(青色のぐるっとバスは近鉄奈良駅の方であれば運行しています)

その後の計画に合わせて東大寺であれば「大仏殿前駐車場バス停」、春日大社に行かれるのであれば「春日大社バス停」で下車します。

JR奈良駅のぐるっとバス「奈良公園ルート」の乗り場

⬆️JR奈良駅の「ぐるっとバス」の乗り場。上図左の16番から「ぐるっとバス」へ乗車

⬆️JR奈良駅西口16番のりばバス停の外観

時刻表や乗り場は変更になっている場合がありますのでご注意ください。(ぐるっとバスの時刻表はコチラ

「ぐるっとバス」でJR奈良駅から東大寺までの所要時間

  • 約15分
「ぐるっとバス」でJR奈良駅から東大寺までの料金(運賃)

  • 100円

ぐるっとバスの「大仏殿前駐車場バス停」の場所

ぐるっとバスの大仏殿前駐車場バス停の場所は南大門のスグ前にある駐車場の中にあります。

⬆️大仏殿前駐車場バス停の外観

近鉄奈良駅発の「ぐるっとバス」

近鉄奈良駅のぐるっとバスの乗り場は西改札を出て「出入口1」と「21番のりば」の間ぐらいになります。

⬆近鉄奈良駅の「ぐるっとバス」の乗り場は上手の東北出口(1番出口の真後ろ辺り)
東北出口(1番出口)への行き方

⬆️東口改札(西口と間違えないように注意)

⬆️東口改札の目印は「せんと君人形があるかないか?」(西口にせんと君人形はない)

⬆️左側へ進む!

⬆️階段を上がる!⬆️出入口の後方がバス停なので回り込む!

⬆️右側のガラス屋根が近鉄奈良駅

同様に「東大寺」または「春日大社」などその周辺のバス停で下車します。

時刻表や乗り場は変更になっている場合がありますのでご注意ください。(ぐるっとバスの時刻表はコチラ

「ぐるっとバス」で近鉄奈良駅から東大寺までの所要時間

  • 約6分
「ぐるっとバス」で近鉄奈良駅から東大寺までの料金(運賃)

  • 100円

ぐるっとバスの乗り方

ぐるっとバスは可愛らしい特徴的な外観をしています。ドアも通常のバスと同じく前後に1つずつありますが、ぐるっとバスは前のドアから乗車して後のドアから下車します。

またバス料金は食い逃げ(乗り逃げ)できないように前払い制になっています。

ぐるっとバスの詳細については以下の問い合わせ先へお聞きください。


スポンサードリンク -Sponsored Link-






東大寺からの帰りにJR奈良駅および近鉄奈良駅方向へ運行するバスへ乗車する際の注意点

東大寺での参拝を終えると再びバスでJR奈良駅および近鉄奈良駅へ帰ることになりますが、帰りのバス停は大半の方が「東大寺大仏殿・国立博物館前バス停」で乗車します。

この理由は南大門むこうの大仏殿前交差点から当バス停が目視できるからです。そこで、ご注意いただきたいのが15時以降になると「東大寺大仏殿・国立博物館前バス停」が大混雑するということです。

バス待ちの行列がヒドいときは10mぐらい行列ができていることがあります。この場合、1台のバスに乗車できる人数に限界がありますのですぐに満員状態になり、バスを1本、2本見送ることもあります。

そこで地元民がよく使う裏技ですが、東大寺大仏殿・国立博物館前バス停ではなく、あえて来た時に降車したバス停「東大寺大仏殿・春日大社前バス停」から「外回り循環」というバスへ乗車してJR奈良駅や近鉄奈良駅を目指します。

「東大寺大仏殿・春日大社前バス停」の場所は、南大門を背にして大仏殿前交差点の横断歩道を渡り、そのまま徒歩1分ほど直進した先にあります。

ただし、「東大寺大仏殿・春日大社前バス停」から外回りでJR奈良駅および近鉄奈良駅をめざしましますので、内回り循環よりは遠回りになります。以下に外回りを利用したときと内回りを利用したときとの比較を掲載しておきます。

【外回り循環】「東大寺大仏殿・春日大社前バス停」から→JR奈良駅/近鉄奈良駅

  • JR奈良駅まで所要時間:約15分
  • 近鉄奈良駅まで約20分

【内回り循環】「東大寺大仏殿・国立博物館前バス停」からJR奈良駅/近鉄奈良駅

  • JR奈良駅までの所要時間:約10分
  • 近鉄奈良駅まで約5分

土日祝日は混雑が激しいので状況に応じてぜひ!「東大寺大仏殿・春日大社前バス停」からの乗車を検討してみてください。

奈良交通株式会社への問い合わせ先(住所・電話番号・営業時間)など

電話番号:0742-20-3100(奈良交通・お客様サービスセンター)
営業時間:8時~19時30分
定休日:年中無休
URL:
http://www.nara-access-navi.com/season-bus/

奈良市内をバスで観光するならお得な1日乗車券をお忘れなく!

ここまででご紹介した「奈良交通の外回りバス」や「ぐるっとバス」などを乗り継いで利用される場合は、1回1回バスの運賃を支払う必要があります。

また、観光に訪れると荷物が多くなり、いちいち財布を出したり、小銭を準備するのも面倒です。

そんな時に便利なのがこの1日乗車券です!

「奈良交通バス」と「ぐるっとバス」がセット乗り放題券

大人500円※中学生以上
小人250円

この乗車券を持っていると奈良公園西ノ京エリアの「ぐるっとバス」「奈良交通バス」が乗り放題になります。

あらかじめ1日乗車券を購入することが明確な場合、首から下げることのできる切符やチケット入れ用の”カードホルダー”を買っておくと便利です。

一日乗車券の主な販売場所
  • JR奈良駅2階構内の案内所
  • 近鉄奈良駅奈良ラインハウス1階の案内所

奈良市内のお得なチケットについては当サイトの以下↓の別ページにてご紹介しております。

 奈良のお得なチケット(1日乗り放題券・割引券)・一覧

日本全国から奈良 東大寺までのアクセス(行き方)

日本全国から東大寺までのアクセス(行き方)については以下の別ページにてご紹介しています。

スポンサードリンク -Sponsored Link-

    

当サイトの内容には一部、専門性のある掲載があり、これらは信頼できる情報源を複数参照し確かな情報を掲載しているつもりです。万が一、内容に誤りがございましたらお問い合わせにて承っております。また、閲覧者様に予告なく内容を変更することがありますのでご了承下さい。

関連コンテンツ