奈良公園の鹿は、いつからいるの? いる理由は?管理は誰が?その他「起源・由来」について

スポンサードリンク

奈良公園の鹿は、いつからいるの? いる理由は?管理は誰が?その他「起源・由来」について

奈良公園の鹿は、いつからいるの? いる理由は?管理は誰が?その他「起源・由来」について奈良公園と言えば鹿ですよね!

でも、動物園でもないのになぜあんなにたくさんの鹿がいるのでしょう?

奈良公園の鹿は、いつからいるの?鹿がいる理由は?「奈良公園の鹿の起源と由来」

710年(和銅3年)、「奈良・藤原京」から、同じく「奈良・平城京」へ都が遷都することとなりました。

その折に、当時、朝廷でもっとも権力を保持していた「摂関・ 藤原氏」は、「平城京」鎮守のために、社を建て、神様をお祀りすることにしました。

その神様というのが、代々、藤原氏に縁のある、一族の祖先神と云われる「武甕槌命(タケミカヅチ)」になります。

この武甕槌命を、都の鎮守として、お祀りすることにしましたが、問題が出てきました。

奈良公園の鹿は、いつからいるの?鹿がいる理由は?「奈良公園の鹿の起源と由来」その問題とは、この「武甕槌命(タケミカヅチ)」は、遠く、常陸国(現在の茨城県)の鹿島神宮に鎮座されていたのです。

如何様にすべきか、考えていたところ、なんと!!驚くことに、遥か常陸国から、「純白の鹿」の背に跨った「武甕槌命」が、新都である「奈良・平城京」へ参上したのです。

「純白の鹿」の背に跨った「武甕槌命」その後、藤原氏は「武甕槌命」を、すぐ様、お祀りするために、「春日の地(御蓋山・みかさやま)」に社を建てました。

そしてこの時、「武甕槌命」が背に跨ってきた鹿も、「武甕槌命」同様に、「神の使い(神使)」として、この社で崇め、現代に至るまで、大切にお祀りされてきたということです。

ちなみに、平城京鎮守のために建てられた、この社は、現代では「春日大社」という名前で親しまれています。

・・と、いうことで、奈良の愛くるしい鹿さんたちは、古くから神の使いとされ、戦時中など一時期を除いては、大切に大切に守られてきたというワケです。

そして春日大社と言えば、 武甕槌命の他、3神を一緒にお祀りしている神社で、これら3柱の神様と武甕槌命を含めて総称したものが春日大神になります。

春日大神(4柱神)

  • 経津主命
  • 天児屋根命
  • 比売神
  • 武甕槌命

スポンサードリンク -Sponsored Link-






奈良公園に鹿は、いったい誰が管理してるの?

「奈良公園の鹿は野生」です。そして、「天然記念物に指定」されています。

したがって、飼育されているわけではなく、法律によって保護されているだけであって、基本的に「管理者」はいません。

しかし、奈良公園には「奈良の鹿愛護会」という団体があります。

しかし奈良公園には「奈良の鹿愛護会」という団体があります。この「奈良の鹿愛護会」という団体は主に以下のようなことを行っています。

  • 鹿の保護のため調査や研究・病気や怪我をした鹿および出産を控えた雌を捕獲して鹿苑へ収容する
  • 鹿苑(ろくえん)の管理(鹿の世話)
  • 雄鹿の角切り
  • 奈良公園の付近周辺の見回り
  • 鹿を捕獲して鹿苑へ収容
  • 死鹿の処理
  • クレーム対応

ちなみに、角を切らなくても鹿は生きていけますが、立派な角が文化財を傷つけたり、鹿同士で傷つけ合ったり、人間に危害が及ばないよう、「角切り」は毎年行われています。仕方ないですね。

この「鹿の角切り」ですが、江戸時代からの伝統の継承という意味もあるのだそうです。

他にも奈良公園の鹿を世話(管理)している・・「虫」がいる??

奈良公園の鹿は、野放しです。

そして、奈良公園の鹿は1000頭以上。

生き物である以上、物を食べれば、当然、クソを垂れ流します。

しかし、そのクソを1つ1つかき集めるような人もなければ、職業もありません。

じゃあ、誰も世話をしないとしたら・・

「 クソまみれ  かよ 

と、相成ります。

・・コホンっ!

しかし、いったい、どうしたことでしょう。

奈良公園には、何千頭もの鹿たちのフンが貯金されていません。

いったい、誰が使い込んでいるのでしょう??

そのフンは・・・なんと!!

「フン虫」と呼ばれる「黄金虫くん(コガネムシ)」たちが処理してくれていたんです!!

「フン虫」と呼ばれる「黄金虫くん」たちが処理↑奈良戦隊「黄金虫くん・1752号」

これは驚きです!!

鹿たちばかりが目立ってしまい、地面で一生懸命働いている「黄金虫くん」たちを気にかける人はいませんよね。

そして、なんと!!この「黄金虫くん」・・この奈良公園には、結構たくさん生息しているそうなんです!!

奈良公園の黄金虫くん(フンころがし)の種類

日本に生息するフンコロガシの種類:約160種類

奈良公園に生息するフンコロガシの種類:約61種類

 

だから人によるお片付けは不要っ!!

さらに、他にもこんな感動のストーリーがあります。

奈良公園のこんな感動のストーリー

奈良公園のこんな感動のストーリー実は、鹿たちのフンは「黄金虫くん」たちだけのモノじゃありません。

奈良公園の「芝」の養分にもなるんです。

そして、鹿たちのフンのパワーにより、すくすく育った芝は、やがて、また鹿たちのご飯となります。

そうして、再び鹿たちが元気にクソを垂れ流し、そこへ「黄金虫くん」がやってきて、そのフンを食べてくれるんですね。

・・という具合に、この奈良公園では、人の目に晒されることなく、自然の浄化の循環が、チャント機能しているんですね。

つまり、野生の動植物たちは、彼らで勝手にうまくやっているということになります。

むしろ、鹿が「芝」を、黄金虫くんが「野グソ」を食べてくれるおかげで、芝刈りの手間と、「野グソ」拾いなどの、人手を省けるんですから、「鹿」や「黄金虫くん」たちに、世話されている側面があるように感じられます。

とはいえ、たくさんの鹿が、今ものびのび暮らせているのは、周辺のお店や、住民の理解と努力の賜物。

観光で訪れる私たちも、ルールを守って、大切にしたい文化ですよね。

おわりに・・

一般財団法人 奈良の鹿愛護会からのお願い

・鹿せんべい以外のエサはあげないで!

・子鹿には近寄らないで!

・発情期の雄鹿には近寄らないで!

スポンサードリンク -Sponsored Link-

    

当サイトの内容には一部、専門性のある掲載があり、これらは信頼できる情報源を複数参照し確かな情報を掲載しているつもりです。万が一、内容に誤りがございましたらお問い合わせにて承っております。また、閲覧者様に予告なく内容を変更することがありますのでご了承下さい。

関連コンテンツ