なぜ「二月堂」っていうの?奈良 東大寺・二月堂の「正式名称・歴史・宗派・行事(イベント)」について

スポンサードリンク

なぜ「二月堂」っていうの?奈良 東大寺・二月堂の「正式名称・歴史・宗派・行事(イベント)」について

東大寺・二月堂(東大寺・観音堂)【国宝】

%e6%9d%b1%e5%a4%a7%e5%af%ba%e3%83%bb%e4%ba%8c%e6%9c%88%e5%a0%82

創建年

  • 不明
  • 推定:752年(勝宝4年)から800年(延暦19年)頃
再建年

  • 1669年(寛文9年/江戸時代中頃)
舞台の建築様式(造り)

  • 懸造り
堂舎の建築様式(造り)

  • 寄棟造り
屋根造り

  • 本瓦葺
大きさ

  • 桁行(奥行)十間(約18m)
  • 梁間(横幅)七間(約12.5m)
重要指定文化財指定年月日

  • 1944年(昭和19年)9月5日
国宝指定年月日

  • 2005年(平成17年)12月27日
ご本尊

  • 大観音(十一面観音像)
  • 小観音(十一面観音像)
発願者

  • 実忠

東大寺・二月堂の読み方

東大寺・二月堂は「にがつどう」と読みます。尚、二月堂と呼称される理由は以下の通りです。

どうして二月堂なの?「二月堂の読み方と正式名称とは?」

二月堂を読むときに、「二月」の部分と「堂」の部分を切り離して考えると名前に由来や読み方が、簡単に分かります。

東大寺では「お水取り」の通称で知られる日本仏教の法要の一つ「修二会(しゅにえ)」が、「旧暦2月」に行われることに由来して「2月堂(二月堂)」と呼ばれています。

そもそも「修二会」とは、御本尊「11面観音」に対する法要「十一面悔過(じゅういちめんけか)」が春迎えを告げる法要として、毎年2月に勤修されたことに由来して、”2月に修する法会”として「修二会」、その修二会が毎年2月に執り行われることから「2月堂」と呼ばれるようになったと云われます。ウフ

しかしながら、実は二月堂にはちゃんとした正式名称があったのです。

二月堂の正式名称は「東大寺観音堂」といいます。

えぇっ?!東大寺の境内のお堂には正式名称があった?!

実は、東大寺境内のお堂と言うお堂にはそれぞれ「正式名称」があります。

由来に基づいて付された名称が一人歩きして、現在では一般的にその名前で有名になっていますが、以下のようなお堂には正式名称があります。

東大寺のお堂の正式名称だよ
  • 大仏殿 ⇒ 「東大寺・金堂」
  • 三月堂 ⇒ 「東大寺・法華堂」
  • 四月堂⇒「東大寺・三昧堂

東大寺・二月堂の歴史・由来

この二月堂や法華堂(三月堂)が建つ一帯は、古来、東大寺の「上院」と呼ばれ、大仏殿に大仏さんが安置される以前の東大寺の前身となるお寺(金鍾寺:こんしゅじ)があったとされる場所です。

その金鍾寺がかつてあった場所を神聖視して、敬う意味合いで「上院」と呼ばれています。

二月堂の創建は古く奈良時代です。寺伝によれば「大仏開眼供養」と同じ752年(天平勝宝4年/奈良時代)に東大寺の初代住職「良弁僧正」の弟子「実忠(じっちゅう)」が、十一面観音を本尊として祀り、悔過法要を執り行うため堂舎として創建したのが始まりであると伝えられています。

ただし、実忠は726年(神亀3年)に誕生していますが、没年や日本人(一説ではインド人)であったのかも明らかにされておらず、人物像があやふやなことから実在についての信ぴょう性にモヤがかかり、別の考察では創建者および創建年不明とされています。

平安時代

平安時代の二月堂は、古書物の記録を見るかぎりは、現在の三月堂(法華堂)の付近に存在したとされる「羂索院(けんさくいん)」の堂舎の1つとして認識されていたようです。

また、この当時の二月堂全体の大きさは現在の内陣ほどの面積しかなかったようです。つまり、実忠が悔過法要を執り行うためだけの小さな堂舎であったことがうかがえます。

鎌倉時代

1180年(治承4年/平安時代)に、高倉天皇の兄である以仁王が兵を招集して戦を起こし、平重衡が総大将としてこれを迎え打っていますが(南都焼討)、この時の戦火によって東大寺の伽藍は焼失しています。ただ、二月堂の立地が伽藍の東端であったことなどが幸いして、この2月堂や転害門などは奇跡的に戦火を逃れています。

室町時代(戦国時代)

1567年(永禄10年/室町時代)には、畿内(大阪府)の覇権をめぐり、団子三兄弟と、あイヤイヤイヤ・・三好三兄弟!!と松永弾正との間に戦が勃発します。

この戦は東大寺の伽藍内部までにも拡大し、両軍の陣がこの東大寺の境内に敷かれ、銃撃戦を伴う激しい戦闘が繰り広げられました。

しかしこの戦闘において、同年5月18日、敵襲に焦った松永の兵の失火により穀物倉庫へ引火、これが発端となり、東大寺の大伽藍を焼き尽くしてしましますが、この時もなんと!この二月堂は類焼を逃れています。

ちなみに、この穀物倉は鎌倉期の東大寺再建で活躍した重源上人が勧進活動を行った拠点となった場所でもあります。

江戸時代

このように一見、仏の力に守護された無敵の二月堂に思えますが、この後、悪夢が訪れます。

1667年(寛文7年)、運命のイタズラと言うべきか、この年に執り行われていた「修二会(3月14日)」の際の「達陀(だったん)」の火が堂舎に燃え移り、儚くも焼失してしまうことになります。

その直後となる1669年(寛文9年)5月9日に江戸幕府「4代目将軍・徳川家綱」の生母である「桂昌院(けいしょういん)」と弟の「本庄宗資(ほんじょうむねすけ)」の発願によって再建され、上棟式が執り行われています。これが現在見ることのできる東大寺・二月堂の姿となります。

江戸時代の再建とはいえ、創建当初の建築を忠実に再現しながら、江戸期の建築技法を交えつつ造営されている極めて貴重な建造物となります。

以上のことから、正式には創建当初の姿が現存しているとも言えます。

平成時代

2005年(平成17年)には国から国宝指定を受けています。

二月堂の歴史年表「改築年および再建年」

実は、この二月堂は時代を経る過程で幾度か改築が成されています。

1206年(元久3年)

1206年(元久3年)に供養が執り行われた際、礼堂(らいどう)が2つに分断されて「内礼堂」、「外礼堂」という2つの部屋ができています。

1219年(建保7年)

1219年(建保7年)から1226年(嘉禄2年)には、内陣の側面と背面の「南・北・東」に三面状の庇(ひさし)が据えられています。

1264年(文永元年)

1264年(文永元年)には、戒壇院を復興した東大寺の学僧「円照上人(えんしょうしょうにん)」が西側の舞台部分の床を張り替えています。

この他、二月堂の付近に位置する食堂(じきどう)、湯屋(ゆや)の造営が行われています。

1300年頃から1400年頃の間

1300年頃から1400年頃の間には、東大寺の僧都・円範(えんはん)に手によって内陣の側面と背面の「南・北・東」の三面に局が造営されています。


スポンサードリンク -Sponsored Link-






東大寺・二月堂の建築様式(造り)

寄棟造り

二月堂を見る時は大抵、舞台と呼称される腰組の上の縁を下から見上げる形になりますので屋根の上までは見られないですが、二月堂の屋根は「寄棟造り(よせむねづくり)」と呼称される造りになります。

寄棟造りとは、屋根上の横木となる大棟を中心として、屋根が左右上下の方向へ垂れ下がる造りの屋根のことです。

二月堂舞台の懸造り(舞台造り)

懸造りとは、別名で「崖造(がけづくり)」や「舞台造り」とも云われる建築技法の1つです。

崖などの自然が生み出した斜面をうまく利用して、斜面を背面として前方の平地から腰組(こしぐみ)を組み上げ、その上に床を設置すると言った造りのことを指します。まさに人工の床です。

特に京都・清水寺の舞台 が懸造りで有名です。

懸造りは日本独自の建築と云われており、これは大陸文化には見られないことから日本の山岳信仰から派生した造りの1つであるとも考えられています。

山は御神体として崇められる存在であり、また、江戸時代以前までは崖に仏様や神様を祀る祠(ほこら)が建っていたことから、たくさんの人々が遥拝(ようはい)するための足場として自然の流れで造られるようになったのが、この懸造りの起源であるとも云われております。

なお、この懸造りは、現代においても造られた経緯などが明らかされていない謎が多い造りとなります。

⬆️二月堂舞台下(木柵内部)の木組み

二月堂舞台下には木柵が据えられていますが、この下には以下の画像(写真)が示すような何重にも積み重ねた木組みがあります。

清水寺の舞台との大きな違いは木組みが敷き詰められているという点です。

堂舎全体の建築様式

二月堂内の造りとしては、「中備(なかぞなえ)」が無い出組で総体的に組まれており、出組の突起部分は鼻になっています。

%e6%9d%b1%e5%a4%a7%e5%af%ba%e3%83%bb%e4%ba%8c%e6%9c%88%e5%a0%82%e3%81%ae%e5%bb%ba%e7%af%89%e6%a7%98%e5%bc%8f

鼻には「拳鼻(こぶしばな)」が据えられています。また、出組の背面には「支輪 (しりん)」が配されおり、屋根の裏側の垂木は二重に垂木が重なった「二軒繁垂木(ふたのきしげたるき)」が平行に組まれた和様式です。

これらの垂木や支輪が堂舎が四辺に配されており、これら様式を見る限りでは東大寺境内の堂舎には見られない特徴であり、それほど年代が経っていない建築であることに気づきます。

二月堂舞台の床は凸凹している

あまり目がいきませんが、二月堂舞台の床は凸凹になっています。

現代では一般的に「無垢フローリング」と呼ばれるもので、現代において無垢フローリングを用いるのはオシャレ感覚に傾向しますが、二月堂に用いられているのは、お松明のときに滑らない工夫とも捉えることができます。

東西の階段「登廊と石階段」

⬆️二月堂「登廊」
⬆️二月堂「石階段」

舞台に上がるために二月の堂舎を向かい見て左右には傾斜を登るための階段が設置されています。

この階段を登るにつれて、奈良盆地、いわゆる奈良市街の美しい景色が見えてきます。

登廊と逆の登り口となる石階段の石段をよく見ると「唐草模様」や「亀の甲らのような六角形」の「文様」が刻まれていることが分かります。

階段の「唐草」や「亀甲」などの模様この不思議な文様は一説には、階段を降りる際に転ぶことのないように彫られたものだとも云われております。

二月堂の周囲の建造物

この二月堂は、もともと「修二会」を行うために造営された建造物であり、二月堂の周囲には修二会を行う際に使用される建造物群も立ち並んでいます。

閼伽井屋(あかいや)」「参籠所(さんろうしょ)」「仏餉屋(ぶっしょうのや)」と、呼称される建造物があり、いずれも重要文化財指定の鎌倉期の建築による建造物になります。

閼伽井屋

「閼伽井屋」の中には井戸があり、この井戸の中の水を特別な意味合いで「お香水」と呼ばれています。修二会のときに御本尊である十一面観音にこの閼伽井屋のお香水が供えられます。

3月12日の夜中(翌13日未明)に執り行われる「お水取り」が有名です。

参籠所

「参籠所」は、修二会に参加する練行衆が籠もって生活をする場所の1つです。修二会は不退の行法として知られる神聖な行事があるが故に、身の潔斎についても厳しい戒めがあります。

仏餉屋

「仏餉屋」は、御本尊にお供えする料理を調理する場所です。

ご興味がある方は、せめて外観だけでも見学されると良いでしょう。

二月堂の境内全体図

画像引用先:朝日新聞出版「東大寺お水取り」

二月堂内へ入るには舞台を向かい見て右側の石階段か、左側の「登廊」と呼称される屋根付きの廊下を上がっていきます。

もしくは三月堂(法華堂)裏手の山伝いにある「不動堂」から続く参道を通っても二月堂の舞台へ行くことができます。

修二会の時期が近づくと二月堂の入口となる石段上には二重に注連縄が張られていますが、喪に服している人はこちらから登ってはいけないことになっています。これは東大寺の住職(管長)であっても絶対に許されない、古来、二月堂に踏襲される決まりごとのようです。

なお、二月堂には「二月堂物忌み令」という決まりごとがありますが、この中の1つに修二会期間中に身内に不幸があって葬式に参列した場合は、3日間、二月堂に近づいてはならないという厳格な決まりまであるようです。

二月堂内の構造と配置図

二月堂の堂内の配置図は下記で示す通りです。

画像引用先:朝日新聞出版「東大寺お水取り」

内陣

内陣は「ないじん」と読みます。

内陣は四方3間(約6m)あり中央には「須弥壇(しゅみだん=仏壇)」があります。ご本尊である十一面観音の懸仏(かけぼとけ)が安置されています。

ちなみにこの須弥壇には、「サイズが大きい十一面観音(大観音)」と「小さい十一面観音(小観音)」が2体、祭祀されています。いずれも絶対秘仏です。男性は内陣までしか立ち入ることができないとされています。

外陣

外陣は「げじん」と読みます。内陣を取り巻くようにして外陣という一種の部屋が設けられています。この部屋は7つほど存在し、内陣を取り囲むように配されています。

礼堂

礼堂は「らいどう」と読みます。ちょうど「内陣」と「局」の間に位置する部屋です。ここでご本尊に祈りを捧げます。

局は「つぼね」と読みます。局は東西南北にあります。礼堂と外陣を囲むようにして局が造営されています。一般の参拝客が参籠(さんろう/祈願する場所)する場所でもあります。お水取りの仕来りにおいては、危険が伴うため女性はこの局までしか立ち入ることができないとされています。

勧進の間・例時の間

北の局と西の局の間には「勧進の間」、南の局と西の局の間には「例時の間」という2つの間があります。

「局」に含まれても良いのですが、何故か個々に名前が付されています。

大床

西側の局の外側には大きな舞台となる大床が広がっています。ちなみに二月堂を正面から見た方向が西側になります。

手水

堂舎の北と南に手水舎があります。

鎮守社

二月堂を守護する鎮守社(神社)が二月堂の東側に2つ、西側(舞台の方角)に1つあります。

  • 東側の二社:遠敷社(おにゅうしゃ)、飯道社(いいみちしゃ)
  • 西側の一社:興成社(こうじょうしゃ)

東大寺・二月堂のご本尊

東大寺・二月堂のご本尊である「大観音」は「おおがんのん」と読み、「小観音」は「こがんのん」と読みます。

二月堂の堂内にはこれら2体のご本尊が安置されており、関係者でもお顔を拝することができない「絶対秘仏」となります。

絶対秘仏となっている理由とは、逗子(ずし)という入れ物の中に仏像が安置されており、二月堂の逗子にはなんと!扉が設置されていないため中が見れないと云われています。

そしてこれらいずれの観音様も「十一面観音菩薩像」となります。

十一面観音菩薩とは?

十一面観音菩薩は、なんと!11ものお顔を持つ菩薩様です。11のお顔をもって四方の果てまでを見渡し、信仰する衆生のいっさいを救済すると言うありがたい菩薩です。

奈良時代から平安時代あたりから、一般層にまで広く知られることになった菩薩様になります。

変化観音(へんげかんのん)」と呼称される観音の1尊でもあります。


スポンサードリンク -Sponsored Link-






東大寺の「大仏殿」「二月堂」「三月堂」の宗派について

東大寺の宗派は「華厳宗(けごんしゅう)」です。しかし、一方で、東大寺の宗派は「学派」とも言われます。これは古来、東大寺が仏教を研究し学んで行くという姿勢に起因して「学派」と呼ばれます。

このことから「倶舎宗(くしゃしゅう)」という宗派(学派)にも位置付けられています。

倶舎宗とは?

倶舎宗とは、西遊記で有名な「玄奘三蔵法師(げんじょう さんぞうほうし)」が、インドから持ち帰った法典「倶舎論(くしゃろん)」30巻を翻訳した法典をもとに、仏教を研究するために生まれた一派(学派)のことです。

この一派には、東大寺の学僧が数多く参加したことに基づいて、東大寺もこの学派であると云われております。

ちなみに、東大寺の華厳宗は「南都六宗(なんとりくしゅう)」のうちの一派と云われており、奈良仏教を代表する宗派です。

南都六宗の一覧だよ
  • 華厳宗:東大寺
  • 倶舎宗:東大寺・興福寺
  • 法相宗:興福寺・薬師寺
  • 三論宗:元興寺・大安寺
  • 成実宗:元興寺・大安寺
  • 律宗:唐招提寺

以上のことから、この二月堂は東大寺境内にあるお堂となりますので「華厳宗」という位置づけとなります。

東大寺・二月堂の行事・イベント

東大寺・二月堂の行事・イベント東大寺の二月堂には、東大寺のお堂であるのにも関わらず、お堂、単独で以下のような行事(イベント)があります。

東大寺へ訪れるなら、ぜひ、これらの日程と申し合わせて、参拝へ訪れてください。

二月堂・「初詣(はつもうで)」【1月1日

大晦日の夜から周辺の石灯籠に火がつけられます。

0時から観音経の読誦が行われ、この時から3日まで、堂内の万灯明にも灯りが灯ります。

三が日は、万灯明料(1500円)とお鏡料(2000円)の受付があり、申し込むと「坊雑券(ぼうぞうけん)」がもらえます。

これがあると、1月3日と5日の10時から行われる「大般若(だいはんにゃ)」の後、二月堂北側の「北の茶所」でふるまわれるお雑煮をいただけます。

  • お雑煮は11時頃から13時頃まで。

二月堂・「節分・星祭(せつぶん・ほしまつり)」【2月3日】

還宮 (げんぐう)と呼ばれる、お札やお守りを焚き上げる儀式が、10時頃から行われます。

年末から前日までに古くなったお札などを二月堂の受付に持って行くと、当日無料で一緒に焚き上げてもらえます。

14時頃には、堂内での法要の後、二月堂の舞台から豆まきが行われます。

参拝者向けにはこの後、法華堂前の広場に設けられた特設の舞台から豆や鈴がまかれます。

夕方には正月同様、石灯籠に火が入り、「星供養」が行われます。

星に「除災与楽」を祈る法会で、事前に申し込んでおくと、この時に祈祷したお札を後日郵送してもらえます。

  • 祈祷の依頼は1000円。

二月堂・修二会本行(しゅにえほんぎょう)【3月1日~15日】

二月堂・修二会本行(しゅにえほんぎょう)【3月1日~15日】「お水取り」「お松明」の通称で知られる修二会は、2月に「別火」と呼ばれる準備があり、3月1日、二月堂にて「本行」に入ります。

二月堂のご本尊十一面観音に行者が自らの過去の過ちを懺悔し、その功徳により国家の安泰や人々の幸福を祈る法会で、2週間毎日続く「六時」という行法と、その他特定の日にのみ行われる、いくつかの行法があります。

参拝者にとって馴染みがあるのは、18時半から19時半頃の大松明、そして12日深夜の「お水取り」ですね。

二月堂・「功徳日(およく)」【8月9日】

この日にお参りすると、4万6千回参拝した分の功徳に「浴する」ことができるということから、東大寺二月堂では8月9日を「およく」と呼びます。

万灯明料500円を納めると、福引をすることができます。

スポンジ、乾電池、クリアファイルから自転車やテレビまで、景品は様々です!もちろんお祭りではありませんから、18時頃からは法要がきちんと行われます。

二月堂・「十七夜・十七夜盆踊り」【9月17日】

早朝から堂内の万灯明、夕方には石灯籠に火を灯し、法要のお勤めが行われます。

お堂の周りには願い事や絵を書いた万灯明も500基ほど配置され、二月堂は美しい灯りで包まれます。

またその後18時半頃から21時半頃まで、一般の参拝者も参加できる「盆踊り」が催されます。

二月堂・「仏名会」【12月14日】

過去、現在、未来を表す薬師如来、釈迦如来、阿弥陀如来を主尊とする、それぞれ一千もの仏像が描かれた大きな掛け軸を二月堂礼堂正面にかけ、その前でいずれかの一千仏に、僧侶が礼拝を行う儀式です。

つまり、過去、現在、未来三千仏への礼拝を済ませるには3年かかるということですね。

礼拝は、独特の節回しで仏名を唱えながら決まった動作を繰り返すもので、一般の参拝者も二月堂本堂正面の局から、格子越しに見学できます。

東大寺・二月堂の場所と行き方(地図)

二月堂へのアクセス(行き方)については以下の別ページをご覧ください。

 奈良・東大寺 二月堂の「アクセス(車・バス・電車・タクシー)・駐車場・住所・場所・電話番号」(地図付き)

スポンサードリンク -Sponsored Link-


    

当サイトの内容には一部、専門性のある掲載があり、これらは信頼できる情報源を複数参照し確かな情報を掲載しているつもりです。万が一、内容に誤りがございましたらお問い合わせにて承っております。また、閲覧者様に予告なく内容を変更することがありますのでご了承下さい。

関連コンテンツ