【奈良鹿🦌の頭数と種類】奈良公園の鹿はいったい何頭いる❓種類は多種か❓

スポンサードリンク

まず‥‥‥奈良鹿の種類

奈良公園はもとより、奈良市に生息している鹿は「ホンシュウジカ」という種類です。

ホンシュウジカとは❓

ホンシュウジカはニホンジカの地域亜種7種のうちの一種。日本固有亜種。

ニホンジカの地域亜種一覧

エゾシカ、ホンシュウジカ、キュウシュウジカ、ツシマジカ、マゲジカ、ヤクシカ、ケラマジカ

ホンシュウジカの生息地域

本州。本州に生息することから「ホンシュウジカ」と命名されたことになる。

奈良公園の鹿の頭数は誰がカウントしている?(頭数調査)

奈良公園の鹿たちは毎年7月になると奈良の鹿愛護会のメンバー及び、鹿サポーターズクラブの方々が、目視で数えて統計を算出してい‥‥‥申す。シカフングァっ

時代における鹿の頭数

以下、奈良の鹿愛護会の公式サイトより引用

昭和時代

1937年(昭和12年):780頭

1942年(昭和17年):806頭

1945年(昭和20年※終戦後):79頭

1949年(昭和24年):119頭

1950年(昭和25年):172頭

1958年(昭和33年):約500頭

1963年(昭和38年):947頭

平成時代

2008年
雄の鹿(牡鹿) 262
雌の鹿(牝鹿) 695
子鹿 171
総頭数 1,128
2009年
雄の鹿(牡鹿) 196
雌の鹿(牝鹿) 705
子鹿 151
総頭数 1,052
2010年
雄の鹿(牡鹿) 197
雌の鹿(牝鹿) 713
子鹿 186
総頭数 1,096
2011年
雄の鹿(牡鹿) 188
雌の鹿(牝鹿) 730
子鹿 177
総頭数 1,095
2012年
雄の鹿(牡鹿) 198
雌の鹿(牝鹿) 700
子鹿 181
総頭数 1,079
2013年
雄の鹿(牡鹿) 210
雌の鹿(牝鹿) 736
子鹿 148
総頭数 1,094
2014年
雄の鹿(牡鹿) 190
雌の鹿(牝鹿) 713
子鹿 173
総頭数 1,076
2015年
雄の鹿(牡鹿) 204
雌の鹿(牝鹿) 788
子鹿 199
総頭数 1,191
2016年
雄の鹿(牡鹿) 236
雌の鹿(牝鹿) 715
子鹿 229
総頭数 1,180
2017年
雄の鹿(牡鹿) 261
雌の鹿(牝鹿) 731
子鹿 234
総頭数 1,226
2018年
雄の鹿(牡鹿) 355
雌の鹿(牝鹿) 767
子鹿 238
総頭数 1,360
2019年
雄の鹿(牡鹿) 357
雌の鹿(牝鹿) 756
子鹿 275
総頭数 1,388
2020年
雄の鹿(牡鹿) 224
雌の鹿(牝鹿) 808
子鹿 254
総頭数 1,286
2021年
雄の鹿(牡鹿) 217 (-7)
雌の鹿(牝鹿) 806 (-2)
子鹿 82 (-172)
総頭数 1,105(-181)

他に保護されている鹿もおよそ300頭いるとされる。

鹿の頭数は過去、頭数管理がされていなかったことから正確な頭数は現在に至っても不詳とされる。

頭数が上限する大きな理由

雄鹿は発情期に餌を食べないことや、他の雄鹿と戦って傷ついてしまうことで特に数が減ってしまうことが多いとのこと。

【補足】奈良公園の鹿の年間死亡頭数・死亡原因

平成時代

2008年
交通事故 71
疾病 174
野犬 171
密殺 0
その他 117
総頭数 380
2009年
交通事故 76
疾病 179
野犬 14
密殺 0
その他 88
総頭数 357
2010年
交通事故 66
疾病 170
野犬 0
密殺 1
その他 57
総頭数 294
2011年
交通事故 96
疾病 184
野犬 0
密殺 0
その他 82
総頭数 362
2012年
交通事故 58
疾病 83
野犬 0
密殺 0
その他 51
総頭数 192
2013年
交通事故 61
疾病 68
野犬 0
密殺 0
その他 71
総頭数 200
2014年
交通事故 48
疾病 87
野犬 2
密殺 0
その他 77
総頭数 214
2015年
交通事故 53
疾病 71
野犬 0
密殺 0
その他 45
総頭数 169
2016年
交通事故 56
疾病 73
野犬 1
密殺 0
その他 60
総頭数 190
2017年
交通事故 57
疾病 81
野犬 0
密殺 0
その他 76
総頭数 214
2018年
交通事故 29
疾病 81
野犬 0
密殺 0
その他 78
総頭数 188
2019年
交通事故 34
疾病 87
野犬 0
密殺 0
その他 58
総頭数 179
2020年
交通事故 49
疾病 102
野犬 13
密殺 0
その他 144
総頭数 308
20221年
交通事故 59 (+10)
疾病 80 (-22)
野犬 0 (-13)
密殺 1 (+1)
その他 129 (-15)
総頭数

概ね年間80頭〜90頭が交通事故で命を落としているとのこと。

奈良の鹿愛護会の頭数調査の概要

以下、奈良の鹿愛護会公式より引用

頭数調査の目的

頭数調査は、奈良公園の鹿の動態を明らかにし、保護育成活動の基礎資料となる統計を作成することを目的に、毎年行う調査です。

調査日時

2021年7月15日・16日 5時30分~8時

協力者の皆様

  • 奈良の鹿愛護会会員
  • 春日大社
  • 奈良県
  • 鹿サポーターズクラブ
  • 奈良のシカ共生愛あいプロジェクト 他

頭数調査範囲

東端:若草山

西端:奈良地方裁判所

南端:高畑駐車場

北端:正倉院

北東端:奈良奥山ドライブウェイ周辺

西南端:名勝旧大乗院庭園

北西端:奈良県庁および西大門跡周辺

南東端:春日大社三十八所神社手前、新薬師寺北側

頭数調査エリアの詳細は奈良の鹿愛護会の公式サイトにて。

頭数調査の流れ

  1. 早朝、事務所に集合して調査前のミーティングを実施。
  2. 班分けを行った上で調査開始地点まで歩いて移動。
  3. 各班、所定のコースから調査開始を実施。
  4. 鹿がコロニーを形成している場合(群集)にはエリア分けして数える。
  5. 調査後は事務所へ戻って集計・報告を行って終了。

関連記事一覧

スポンサードリンク -Sponsored Link-


    

当サイトの内容には一部、専門性のある掲載があり、これらは信頼できる情報源を複数参照し確かな情報を掲載しているつもりです。万が一、内容に誤りがございましたらお問い合わせにて承っております。また、閲覧者様に予告なく内容を変更することがありますのでご了承下さい。

関連コンテンツ