【これ10選!】奈良県「ならまち・きたまち」周辺付近のランチ(お昼の食事)&ディナー人気おすすめランキング!!

スポンサードリンク

【これ10選!】奈良県「ならまち・きたまち」周辺付近のランチ(お昼の食事)&ディナー人気おすすめランキング!!

今回は、奈良の「ならまち」「きたまち」にスポットを当てて、周辺でいただくことのできるランチ&ディナーのおすすめスポットをランキング形式でお届けします。

「ならまち」と「きたまち」とは、近鉄奈良駅およびその前の大通り(国道369号線)を境として北と南に広がった商店街の一群の呼称です。

  • 近鉄奈良駅の北側の開かれた商店街が「きたまち
  • 逆に近鉄奈良駅の南側に開かれた商店街が「ならまち
ならまちの有名な商店街
  • ひがしむき商店街
  • もちいどの商店街
  • 三条通り商店街
きたまちの有名な商店街
  • ひがしむき商店街(北側)

「きたまち」「ならまち」のエリア内には「ひがしむき商店街」という有名な商店街が大通りを挟んで、猿沢池を経由する「三条通り商店街」まで通っています。三条通り商店街はJR奈良駅から猿沢池、果ては春日大社まで続く大通りでもあります。

三条通り商店街より南側へは「ひがしむき商店街」が延長される形で「もちいどの商店街」が南へ向けて通っています。

「ならまち」の歴史は古く、そもそもは平城京の時代、南都七大寺の1つ「元興寺(がんごうじ)」を中心にして栄えた門前町でした。

「きたまち」は奈良と京都を結ぶ街道であったことから、江戸時代を主として宿が立ち並ぶようになった地域です。

いずれも現在は、それらの繁華街の名残が商店街となって整備されています。

 

以下では特にオススメのお店を厳選して、人気おすすめランキング10選!でご紹介しています。

東大寺ならびに春日大社、興福寺などへの参拝の折は是非!ご参考にしてみてください。

第10位.「中華粥 穀雨」

中華粥 穀雨は、その名前の通り、中華風の粥(かゆ)の名物店です。

以前は奈良の橋本町、ショッピングモールの1Fで営業していましたが、近鉄奈良駅徒歩7分の位置に移転リニューアルしました。町家風の作りは中華・中華しておらず、スタイリッシュで店内もすっきりしています。

オススメは「お粥セット」です。「中華粥」「旬のおかず2種」「もやしの中華風」「食後のデザート」などがセットになっていて、たっぷり食べられるのが魅力的。

お粥でありながら、米つぶが立ち、塩味が効いてまろやかな味わいです。中華粥の上には、色どり鮮やかな刻みネギをトッピング。「豚の角煮と煮卵」、「揚げワンタン」もセットになっていて、まさに中華がゆのいいとこ取りができるセットですよ!

ホロッホロの豚の角煮と煮卵を少しつぶして、揚げワンタンと共に中華粥をいっしょに食べれば……お口にも胃にも、1日の疲れが一気に吹っ飛ぶ優しさです。

他に「えび玉どんぶり」に「おみそ汁」「香の物」「旬のおかず2種」などがセットになった「どんぶりセット」もオススメです。

 中華粥 穀雨の「オススメメニュー」

お粥セット:1,080円
どんぶりセット:860円

「奈良 中華粥 穀雨」の連絡先「住所・電話番号・営業時間・定休日」

  • 住所:奈良県奈良市南市町8-1
  • 電話番号:0742-81-4994
  • 営業時間:ランチ 11:30-15:00/ディナー 18:00-21:00
  • 定休日:火曜日
  • アクセス:近鉄奈良駅から徒歩7分

第9位.「にこちゃん堂」

「にこちゃん堂」は、ならまちの中心に位置し、東大寺や春日大社の参拝帰りに気軽寄れるほのぼのとしたお店です。

店内は、ならまちの古民家風でありながら、レトロ風のテイストを加えて独特の風合いを持ったお店を演出しています。

店舗は2階建てで、1階は店舗を兼ねながら壁を絵画の展示スペースとしても提供し、2階は屋根裏部屋となっていて主にヨガ教室を開催しているそうです。

テーブルとして「足ミシンの台」や、「コタツ(予約制)」を用意するなど、まさに隠れ家的要素を兼ね添えたお店です。

そんな「にこちゃん堂」では、料理からデザートのスイーツすべて1から手作りで提供されているとのこと。

オススメは「nico 昼ごはん」平日900円〜、土日祝日にはスペシャルメニューになるため1050円での提供です。

の連絡先「住所・電話番号・営業時間・定休日」

  • 住所:奈良県奈良市椿井町45
  • 電話番号(FAX):0742-26-2614
  • 営業時間:11:00~18:00
  • 定休日:火曜日(臨時休業あり)
  • 座席数:40席
  • アクセス:近鉄奈良駅4番出口から南へ5分/JR奈良駅から東へ15分

第8位.「おかる」

「奈良 おかる」は漫画家のような名前ですが、「お好み焼き」が美味い名店です。オススメは普通のお好み焼きより少し大きいサイズの「スペシャルお好み」です。

ミンチ、豚、えび、たこ、いかが入ったかなり豪華な一品です。
野菜の甘みたっぷりのフワッフワの生地に、ソースとマヨネーズをかけたグラデーション、そして、かつお節と青のりが上で踊ります。
テコでお好み焼きを切ってそのままハフハフしながら頬張ればダシの効いたフワッフワのお好み焼きの味とソースとマヨネーズのコクと酸味が口の中に広がります。

休みの日は昼間からビールを浴びるほど流し込みましょう!いや、もぅ浴びましょう!
……となると焼きそばも欲しくなるところですが、焼きそばもしっかりメニューにあります!いつでもカモ~ン

他にたまごをベースにふんわりとした明石焼きもオススメです。
だし汁をたっぷりとつけてパクっと一口で食べるのが通の食べ方。お持ち帰りもあります。

お好み、焼きそばともに700円とリーズナブル。明石焼きも550円です。
いずれも持ち帰り可能です。
お昼のランチタイムに「お好み焼き」や「明石焼き」「焼きそば」を食べたくなったら漫画家、・・あぁちゃう「奈良 おかる」!です。
是非!

 おかるの「オススメメニュー」

お好み焼き(スペシャル):1,600円
明石焼き:580円

「奈良 おかる」の連絡先「住所・電話番号・営業時間・定休日」

  • 住所:奈良県奈良市東向南町13
  • 電話番号:0742-24-3686
  • 営業時間:11:00~21:30(L.O.21:00)
  • 定休日:不定休
  • アクセス:近鉄奈良駅より徒歩3分

第7位.「ゆき亭」

「奈良 ゆき亭」という名前のイメージからして、うなじから妖艶さが漂う着物美人女将が切り盛りする日本料亭をイメージしますが、なんと!!「オムライスの専門店」です。

トロットロでフワッフワのたまごの上にコク満載のクソこの上ないジュ~シぃ~なソースが乗っています。

ソースは「デミグラス」か「ケチャップ」があり、いずれかを選べます。さらにソースの上には、トロけるような生クリームと少々のパセリが乗っていて色合いも絶妙もぅ、このクソ腹は鳴きっぱなし チュッ

たまごをスプーンで割るとトロっトロのたまごが湯気たっぷりに登場してきやがります。もぅ♥ドコまでもコノヤロぉ♥
洋食がメインのお店ながら、店の外観は古都・奈良っぽく純和風な感じです。
他に「ビーフカレーセット」「ビーフステーキセット」「ポークカツセット」「ビーフカツセット」
……などおいしそうな洋食メニューが盛りだくさん!
洋食が食べたくなったら「奈良 ゆき亭」へ……
是非!

 ゆき亭の「オススメメニュー」

オムライスセット:930円
ポークカツランチ:1,280円

「奈良 ゆき亭」の連絡先「住所・電話番号・営業時間・定休日」

  • 住所:奈良県奈良市高御門町4-1
  • 電話番号:0742-26-0611
  • 営業時間:11:00~14:30(L.O.)
    17:00~20:30(L.O.)
  • 定休日:水曜日
  • アクセス:近鉄奈良駅2出口から徒歩約10分

スポンサードリンク -Sponsored Link-






第6位.「麺闘庵」

麺闘庵の名物は「巾着きつね」です。

巾着きつねは「うどん」ですが、ただの「うどん」ではなく、ぬぅあんとぉぅ!「大きい油揚げの巾着」の中に「うどん」が入っています。

巾着を箸で割ると中から「うどん」が出てくるという、何とも斬新なアイディアの「うどん」です。もちろんお味も最高です。オホ

麺闘庵の店頭の暖簾(のれん)には「日本三大うどん処」という文字が書かれています。その斬新さとおいしさを味わってみれば、確かに「日本三大うどん処」と言うのも納得できます。

うどんは少しやわらかめで、少し甘めのダシがしっかりと染みわたった巾着揚げに包まれていて……と考えるだけで口の中が唾液でいっぱいになってしまいます……。

巾着を結んでいるのはネギなので、余計なことは考えず、全~部お口に放り込めるのも魅力ですね。

尚、この巾着うどんはインスタグラムで「逆きつねうどん」というキーワードで密かに話題にもなっているほどです。

他にカレーバージョンの「カレー巾着」もあります。デザートには黒蜜がかかった「きなこうどん」もオススメです。

お昼のランチに少し変わった「うどん」が食べたい方やSNS好きは、是非!

 麺闘庵の「オススメメニュー」

巾着きつね:850円
カレー巾着:1,000円

「奈良 麺闘庵」の連絡先「住所・電話番号・営業時間・定休日」

  • 住所:奈良県奈良市橋本町30-1
  • 電話番号:0742-25-3581
  • 営業時間:11:00~19:00(L.O.18:30)
    ※うどん・お揚げがなくなり次第終了
  • 定休日:火曜日
  • アクセス:近鉄奈良駅2出口から徒歩約3分

 .「洋食 春」

春が来た春には、絶対に訪れたいお店、その名も「春」。

店の外観を一見すれば和食のお店だと勘違いしちまうほどの和テイスト満点の外観をしていますが、実はコノヤローなほどの正真正銘の洋食店!

春が来た春は奈良の特産品を使った料理で話題の、風情ある洋食店です。

名物は「エビフライ&ハンバーグセット」で、サラダ、白ごはん、味噌汁が付いてます。鉄板で運ばれてくるのでいつでもアっつ、熱っ!……のハンバーグを味わえるのが魅力!

しかも、このハンバーグときたら、奈良の大和牛。おまけに、18㎝もある天然有頭海老のフライがセットになっているという極めつきです。

2度挽きミンチの大和牛の肉汁がジュワっと溢れるハンバーグ、そしてその上にデミグラスソースが乗っています。有頭海老を使ったエビフライは、頭から尻尾まで食べられます。頭をうっかり残してしまいそうですが、せっかくなのでカルシウムとアスタキサンチンをたっぷり摂取して抗酸化作用・老化防止を期待しましょう。

他に半熟ジュクジュクの目玉焼きも付いてます。先に目玉焼きをツブして攻めるのか、それとも後で大事に取り置きするのかを考えながら食べるのも愉快です。

鉄板で少し温めた目玉焼きを、デミグラスソースハンバーグの上へ乗せて白ごはんを一緒にかき込むと、ホにゃララ、らららら~……♪ と、思える瞬間到来です。

是非!

 洋食春の「オススメメニュー」

エビフライ&ハンバーグセット:1,787円
牛めし&ハンバーグセット:1,404円

「奈良・洋食春」の連絡先「住所・電話番号・営業時間・定休日」

  • 住所:奈良市公納堂町14
  • 電話番号:0742-24-5187
  • 営業時間:11:30~21:00(L.O.)
  • 定休日:水曜定休(祝日営業)
  • アクセス:近鉄奈良駅から徒歩15分

 .「french o・mo・ya 奈良町」(おもや)

外観からして、もう何ともいえずロマンチックなノスタルジックなファンタスティックな雰囲気をたたえた「o・mo・ya」(おもや)は、名前のとおり奈良町のフレンチレストランです。建物自体はおよそ150年前の町家を改装したもの。……見えない……フレンチに見えない……!

奈良らしいお食事を求めている方には是非おすすめしたい理由があります。それは、この「o・mo・ya」が「奈良の食材をふんだんに使った」「ただのフレンチではない!」「和食とフレンチの融合」を素晴らしい現実のものにしているからなんです。

料理そのものはフレンチですが、食器は信楽焼&お箸で気軽にいただくことができます。

メニュー数は多くはなく、ランチは、昼のお献立2種(いわゆるランチコース。3,150円、4,430円)かランチプレート1,800円。ディナーは夜のお献立(ディナーコース)4,320円の1種のみ、おまかせコースとなります。

当然、リーズナブルなランチプレートに人気が集中しますが、プレートといっても前菜から、5種の惣菜とメイン料理、ご飯におつゆ、香の物。広いプレートにちょこん♪ と載ったおかずの数々は、和懐石ともよく似てとーってもお上品な味わい!

奈良ならではのお野菜など、食材のうま味を活かしたお食事を、悠久の時の流れをなんとなく感じながらロマンチックにいただくことができます。

ガッツリ派の男性から見ると、ランチプレートは少し物足りない可能性があるでしょう。デザートをつけたり、ランチコースにグレードアップするのもおすすめです!

 french o・mo・ya 奈良町の「オススメメニュー」

ランチプレート:1,800円

「french o・mo・ya 奈良町」の連絡先「住所・電話番号・営業時間・定休日」

  • 住所:奈良県奈良市公納堂町11
  • 電話番号:0742-21-7500
  • 営業時間:11:30~14:30(L.O.)
    17:30~20:30(L.O.)
  • 定休日:月曜日
  • アクセス:近鉄奈良駅 徒歩14分。

 .「くるみの木」

1984年創業のカフェ店で、数ある奈良市内のカフェ店でも屈指の老舗店です。

創業以来、地元奈良産の食材や季節の旬の食材をふんだんに使用し、「くるみの木」でしか味わうことのできない新鮮な素材の風味を通して、季節の風情までもを味わうことができるお店です。

人気メニューは勿の論!地元奈良産の食材をふんだんに使用した「季節のランチ」です。

日本中に固定客を持つ「くるみの木」は、10時開店前にはすでにお店の前にお客さんがズラリと勢揃い。ランチの時間になると1時間〜2時間待ちも珍しくないとか。

コダワリはオカズだけではなく、なんとぉぅ!!ご飯も「もちきび」や「ひよこ豆」、「五穀米」などを使用した風変わりな米粒の風味も楽しめます。

オススメは週替わりの「くるみの木 季節のランチ」1620円。

ちなみに「くるみの木」ではレストランの他、自社で作成したオリジナルのお菓子や雑貨なども併設の店舗で販売しています。

生活道具と食材をメインに取り扱う「cage(カージュ)」。

高品質な綿などの生地素材を使用して作られた着心地満点の衣服や、オリジナルの小物を取り扱う「NO

i X  La Soeur(ノワ・ラスール) 」。

レストランで季節のランチを楽しんだあとは、家族・友人・彼カノへプレゼントする奈良土産を選べるといった、1つのお店ですべて賄なうことができる贅沢なひとときを過ごせます。

「くるみの木」の連絡先「住所・電話番号・営業時間・定休日」

  • 住所:奈良県奈良市法蓮町567-1
  • 電話番号(FAX):0742-23-8286
  • 営業時間:ランチ&カフェ11:30~17:30(L.O.17時)/ディナー17:30~21:00(L.O.20時)
  • 定休日:第3水曜日
  • 座席数:テーブル44席
  • HP:http://www.kuruminoki.co.jp
  • アクセス:新大宮駅から徒歩約15分。近鉄奈良駅orJR奈良駅より奈良交通バス「西大寺行き」または「航空自衛隊行き」に乗車。「教育大附属中学校前」下車。踏切方向に徒歩3分。

 .「ビストロ中華 へいぞう」

「へいぞう」の名物メニューは「四川風の麻婆豆腐」です。鉄板のまま出してくれるので、アっつ、熱っ! のマーボー豆腐が食べられます。

豆腐は少し大きめサイズで食べごたえがあり、麻婆ソースの辛さも好みによって変えられます。たっぷりダシのしみ込んだ「肉ソボロ」がなんともたまりません。

辛さ段階は5段階ありますが、2以上はかなりのものなので、「普通の辛さの麻婆豆腐が食べたい」という方は「1」を選択しておきましょう。とはいえ花山椒がピリっと効いた、うま味のある辛さは魅力です!

ライスを一緒に頼んで麻婆丼にすることもできます。併せて「ゆで餃子」もオススメです。

また、ヘルシー志向の女性には、前菜にピッタリな「おまかせMIXカルパッチョ」もいいでしょう!

創作中華を食べて満足されたい方は……是非!

 へいぞうの「オススメメニュー」

四川麻婆豆腐「辛さ1」:800円(辛さ1upごとに20円値上がり!)
ゆで餃子:490円

「奈良 へいぞう」の連絡先「住所・電話番号・営業時間・定休日」

  • 住所:奈良県奈良市花芝町6プラザ花芝南都ハイツ 1F(きたまち)
  • 電話番号:0742-23-6333
  • 営業時間:18:00~22:30(L.O.21:30)
  • 定休日:不定休
  • アクセス:近鉄奈良線 近鉄奈良駅 徒歩5分

 .カナカナ

「カナカナ」と聞けば、あまり売れてない・・あ イヤ、これからもまったく売れる見込みのない女子2組のアイドルユニットをイメージしてしまいますが、築100年ほどの古民家をリフォームして建てられたカフェです。

店内に入れば分かりますが、店内の半分以上が畳の敷きの「お座敷」になっていることが分かります。

築100年の古民家をリフォームしていますので、格子扉に土間や囲炉裏の跡など、一昔前の老舗旅館のような匂いを感じられます。クンクン

そんなカナカナの人気メニューは、その名もズバリ!「カナカナごはん」。

地元奈良産の食材を使用した旬な食材を楽しめます。

  • オススメのメニューはもちろん「カナカナごはん」1300円。

ちなみにカナカナの店内では、時折、「落語会」や「音楽リサイタル」が行われたりします。

訪れる際は、ぜひ!イベント情報を確認してから訪れてみてください。

「カナカナ」の連絡先「住所・電話番号・営業時間・定休日」

  • 住所:奈良県奈良市公納堂13番地
  • 電話番号:0742-22-3214
  • 営業時間:11:00~20:00(12月・1月・2月は19時30分まで)
  • 定休日:月曜日(月曜日が祝日の場合、翌火曜日が休日。
  • 座席数:24席(全部で36席)
  • アクセス:近鉄奈良駅から徒歩15分/JR奈良駅から徒歩20分/奈良交通バス「天理行き」乗車、「福智院町バス停」下車2分

【アンコール】.「鹿の舟」

上記、「第1位」に見事選出されたアイドルユニット「カナカナ」同様、なんと!「鹿の舟」も築約100年の古民家を改築して開業しています。

鹿の舟は以下のような3つ趣旨の異なる建物が1つになった複合施設でもあります。

  1. 喫茶店「囀(さえずり)」
  2. ならまち南観光案内所「繭(まゆ)」
  3. レストラン「竃(かまど)」

すでにお分かりのとおり、この中の「竃」でランチを楽しむことができますが、「竃」と付くだけあってなんと!店内には本当に昔ながらの竃が設置されていて、実際にその竃で炊いたご飯が食べれられます。

しかぁし!竃のオススメのメニューは誰が何と言っても「朝メシ」550円!

奈良市内に宿泊された際は是非!この竃へ朝メシをクソなドテっ腹を痛めつけるほど流し込みに来てみてください。竃の炊き上げた銀シャリはおかわり自由なので、当日はイージーパンツで参上して死ぬほど!死ぬほどっ!!食べ散らしてください。GOGO!GGGOぉぉっ!うぇぁ〜ぉぉぉっ!

ご飯以外のメニューは奈良産の旬な野菜をふんだんに使用した小鉢に、ほどよい塩加減の味噌汁と漬物が付きます。

さらに使用している調味料も日本中で評判の高い厳選された調味料を使用しているというコダワリもあります。ダリダリ

ランチタイムには、定食が4種類と単品のオカズのチョイスが可能です。

もぅっ!ランチと朝食のダブル攻撃で・・オカシクなっちゃぅんだから

「鹿の舟(竃)」の連絡先「住所・電話番号・営業時間・定休日」

  • 住所:奈良県奈良市井上町11
  • 電話番号:0742-23-6333
  • 営業時間:18:00~22:30(L.O.21:30)
  • 定休日:不定休
  • アクセス:近鉄奈良線 近鉄奈良駅 徒歩5分

おわりに・・

以上、東大寺-御朱印スタッフが自己厳選した「ならまちランチ・ディナー10選」をご紹介しました。今度は、あなたが実際に訪れてみてそのクソ舌で味わってみてください。

なお、東大寺・奈良公園、周辺付近のランチ(お昼の食事)の人気店については当サイトの以下↓の別のページにてご紹介しております。あわせてご参照ください!

スポンサードリンク -Sponsored Link-


    

当サイトの内容には一部、専門性のある掲載があり、これらは信頼できる情報源を複数参照し確かな情報を掲載しているつもりです。万が一、内容に誤りがございましたらお問い合わせにて承っております。また、閲覧者様に予告なく内容を変更することがありますのでご了承下さい。

関連コンテンツ