【これ10選!】奈良県「ならまち・きたまち」周辺付近の「カフェ&スイーツ」人気おすすめランキング!!

スポンサードリンク

【これ10選!】奈良県「ならまち・きたまち」周辺付近の「カフェ&スイーツ」人気おすすめランキング!!

すでに当サイトの別ページにて「ならまち」「きたまち」のオススメの「雑貨店」や「ランチ店」をご紹介してきました。

しかしもう1つ「ならまち・きたまち」で忘れてならないお店群があります。

それこそが「カフェ&スイーツ店」になります。

奈良という立地柄、付近に商都・大阪がありますので軽視されがちですが、実は奈良県はイチゴやイチジク、柿などの日本を代表する産地であり、これらの果物を用いてトロけそうなくらい美味しく作られたスイーツがあります。

そこで以下では、「ならまち」・「きたまち」自慢のカフェ&スイーツ店を人気おすすめランキング10選!でご紹介しています。

奈良のスイーツをまだ味わったことのない方!料理の渦に巻き込まれて堕落の奈落の底へトコトンまで堕ちたいコノヤローは是非!

第10位.「SAKURA BURGER(さくらバーガー)」

メニューの「さくらバーガー」は、「SAKURA BURGER」の店名そのままのメニューです。

お肉のパテに厚切りのベーコンとトロっトロの濃厚チーズが入ったハンバーガーです。
職人が肉を包丁で丁寧にミンチにしたパテを、溶岩を敷き詰めたグリルでじっくりと焼きあげています。
厚切りベーコンはさくらのチップを使用して燻製にしていますので、さくらの風味がして、いかにも春らしい香りが漂います。
さらに「シャッキシャキのレタス」「トマト」「程よい酸味が効いたピクルス」「オリジナルのタルタルソース」と、
これらの具を挟み込むパン(バンズ)は、京都木津川の「パン工房 風いろ小麦」と共同で作った「芳醇な小麦の香りバンズ」が使用されています。
テーブルの上にはケチャップとマスタードがあるのでお好みで
ヨダレと肉汁にまみれてトコトンまで堕落しきりたい方は・・
是非!

SAKURA BURGERの「オススメメニュー」

さくらチーズバーガー:1080円
もみじバーガー:490円

「SAKURA BURGER」の連絡先「住所・電話番号・営業時間・定休日」

住所:奈良県奈良市東向北町6(きたまち)
電話番号:0742-31-3813
営業時間:11:00~21:00 L.O
定休日:毎週水曜日
アクセス:近鉄奈良駅1番出口から徒歩30秒東向き北商店街内

第9位.「Slunicko(スルチニコ)」

ならまちの中でもちょっと特異な存在のお店がこの「Slunicko(スルチニコ)」。原宿竹下通りのスイーツ店をそのまま、古都奈良のならまちに移築してきたような佇まいのお店です。

店名の「Slunicko」とは「おひめさま」という意味合いがあり、まさに店の内観は「Slunicko的」といった感じが随所ににじみ出ています。ふぇ〜くション!

そんな「Slunicko」のオススメは、誰が何と言っても!女子中高大生に大人気の17種類色とりどりケーキ&スイーツ

SLUNICKOの「オススメメニュー」

  • 17種類のパンケーキ:650円
  • ヨーロッパのレア雑貨

そして「Slunicko」が特異と言われる源泉は、キュートでキュートでボ〜ン!はぃ、ツカミはOK〜・・的な なんやそれ キャラグッズが豊富で、思わず大人買いしちまうぐらい雑貨の種類が豊富だということです。

雑貨はトルコやヨーロッパで仕入れたキャナリ(訳:かなり)個性的なラインナップが勢揃いしています。

「Slunicko」の連絡先「住所・電話番号・営業時間・定休日」

住所:奈良県奈良市餅飯殿町44 ナンコウビル2階
電話番号:0742-26-6890
営業時間:11:30~18:00
定休日:不定休
アクセス:近鉄奈良駅2番出口より東向商店街を南に下り、もちいどセンター街をさらに南下、近鉄奈良駅から徒歩約8分

第8位.「プリン80cafe」

「プリン80cafe」のオーナーは、もとパティシエだけあって、頭に閃いたことはとにかく行動に移して作ってみる!というポジティブな性格。

そんなオーナーの数あるひらめきからは、数ある傑作が生まれています。中でも人気メニューは「チョコレートチーズケーキ」です。

ちょっと意外なオススメの食べ方があって、少しだけ温めてHOTで食べると、よりフルーティさが増します。

少々HOTなケーキの真横にはちょこっとアイスクリームが付いているので、程よく火照ちゃった・・ウフん的な身体には、濃厚アイスで冷やすが最適です。

他に「カスタードプリン」、「さくさくとハマっちまうゼ!コノヤローin theスコーン」もオススメです。(普通の「スコーン」です。)

チョコチーズケーキは、濃厚なコクのあるチーズケーキにマーブルチョコとラム酒が少々入ってます。
カスタードプリンは、スプーンかトロ~リ、ポタっと皿の上に落っこちるほど濃厚カスタードたっぷ~りなので、腹に段が付くほど無限にオカワリできちゃいます。
スイーツに目がない男ども、オナゴどもは・・
是非!

プリン80cafeの「オススメメニュー」

チョコチーズケーキ:550円


カスタードプリン:500円

「プリン80cafe」の連絡先「住所・電話番号・営業時間・定休日」

住所:奈良県奈良市光明院町 10 2F
電話番号:0742-24-8003
営業時間:月~日、祝日、祝前日: 11:00~18:00
定休日:なし
アクセス:近鉄奈良駅より徒歩8分。もちいどのセンター街内。

第7位.「転害坊」

「転害坊」といえば東大寺・転害門近くの江戸時代から続く「漢方薬局の老舗」でした。そこへ現在の転害坊のオーナーが約90年経た町家を買い取って改築し、さらにかつての屋号である「転害坊」を引き継いで、天然素材を生かしたコーヒーや菓子を提供しています。

転害坊のコダワリは、その日に焙煎した豆を使用した焙りたてコーヒーと、そのコーヒーの旨味を最大限に引き出す「マイヤーレモンのNYチーズケーキ」です。

店内に入れば分かりますが、騒がしい奈良駅や南大門付近の様相が嘘のように静かな空間に浸ることができます。

平日はそれほど混雑していないので、1人でお気に入りのBOOKを持参して自分だけの有意義な時間に浸ることができます。

転害坊の「オススメメニュー」

マイヤーレモンのNYチーズケーキ:500円
当日焙煎豆を使用したコーヒー:550円

この他、転害坊では、生豆を焙煎して自分だけのコーヒーが作れる「焙煎体験」も行っています。

転害坊の焙煎体験教室の時間

10時〜12時 ※要予約

転害坊の店内には江戸時代の当時、薬局で使用されていた古道具を見ることができるほか、最近ではオリジナルグッズの雑貨販売もされています。

「転害坊」の連絡先「住所・電話番号・営業時間・定休日」

住所:奈良県奈良市今在家町40(東大寺転害門ちかく)
電話番号:080-4022-6010
営業時間:13:00~17:00(金〜日曜まで営業)
定休日:月〜木曜日
座席数:8席(全席禁煙)
HP:http://tengaibou.main.jp/
アクセス:近鉄奈良駅徒歩15分/近鉄奈良駅より奈良交通バス「青山住宅」行き乗車、「今在家」下車徒歩1分

第6位.「奈良をかし 東城」

1854年(安政元年/江戸時代)創業の「砂糖」の老舗「をかし 東城」です。
「をかし東城」は「砂糖」や「米飴」を販売するお店ですが、その伝統の砂糖を使用したスイーツも店内で提供しています。
オススメとなる「いちじくのケーキ」は、奈良県大和郡山産の「いちじく」を使用したケーキになります。
いちじくは酸味がなくほぼ甘みが凝縮されていますのでクリームと絶妙にマッチします。フワッフワのスポンジケーキを口に入れた瞬間、シっとりとしイチジクのソースが口いっぱいにに広がります。
いちじくのなめらかでツブツブの食感がたまりません。
他に地元のお酒「春風」の酒粕を使ったチーズケーキもオススメです。
チーズのコク・まろやかさと、お酒の風味が絶妙です。
また、お店で食べる以外に持ち帰り用のケーキも販売しています。
その他、東城が販売する「米飴」はマクロビ食品として注目されていますので、奈良土産としても喜ばれること間違いなしですので・・

舌と奈良土産 両方を攻略してみたい愚かな欲張り者は・・
是非!

をかし 東城の「オススメメニュー」

いちじくのケーキ:400円
お酒を使ったチーズケーキ:450円

「奈良をかし 東城」の連絡先「住所・電話番号・営業時間・定休日」

住所:奈良県奈良市中院町20
電話番号:0742-26-5567
営業時間:10:00~20:00
定休日:水 祝日 祝前日
アクセス:近鉄奈良駅徒歩15分


スポンサードリンク -Sponsored Link-






 .「archaique(アルカイック)」

ならまちの一角には創業1660年の「春鹿」という日本酒の製造元として有名な「今西酒造の工場」が佇んでいますが、その今西酒造の工場の前にも、まるでおとぎ話に出てくるメルヘンの国へ誘われるかのような洋風の外観をした店が佇んでいます。

その店の名前を「アルカイック」と言い「お菓子の専門店」になります。

外観からして洋風ですが、中に入るとさらにメルヘンの世界一色。この店の人気商品は何と言ってもオリジナルの「アイジングクッキー」です。

アイジングクッキーとは、砂糖と卵白とお好みの着色剤を混ぜ合わせたものをクッキーの表面に乗せてデザインしたクッキーのことです。

キュートで持ち帰りやすい外観から奈良土産としても人気です。

アルカイックの「オススメメニュー」

アイジングクッキー:お1つ200円〜

他にも店舗内での注文で人気なのが「奈良のしかさんマフィン400円(1つ)」と、「奈良スイーツコンテスト」で準グランプリに輝いた「しっと焼きチーズケーキ」も好評です。

注意点としては、アルカイックは「テイクアウトのみ」なので、店内に座席はありません。休憩した場合は、ならまち内に休憩できるスポットがいくつかありますので、上記のならまち散策MAPを参考にしてみてください。ウフ

「archaique(アルカイック)」の連絡先「住所・電話番号・営業時間・定休日」

住所:奈良県奈良市福智院町44-1
電話番号:0742-24-7007
営業時間:10:30~18:00
定休日:水曜日
アクセス:近鉄奈良駅徒歩15分/万葉まほろば線「京終駅」から徒歩15分

 .「御茶乃子(おちゃのこ)」

「奈良おちゃのこ」のオススメメニューは「オリジナル擂茶氷スペシャル」です。
フワッフワ、シャリっシャリの氷の上には、オリジナルの「擂茶(れいちゃ)」をベースにしたソースとアイスクリームが乗っかり、中には葛餅が入ったスペシャルなかき氷になります。
擂茶は「20種類以上の雑穀をブレンド」して作られるので、少し味が強くクセがありますが、氷の上にソースとして降りかかると予想外の味に変化します。是非!お試しあれ!

他に「いちごみるく氷」や「ほうじ茶氷ラテ」などがありますが、中でも「あすかルビーのベイクドチーズケーキ(和紅茶付き)」がオススメです。
紅茶も付いて濃厚なベイクドチーズケーキに、地元奈良産の新種いちご「あすかルビー」の酸味を効かせた甘みが特徴的です。
擂茶を使用したかき氷がメニューになっていることから、ご察しになられる方もおられると思われますが、この「奈良おちゃのこ」は中国茶を多数、取扱ったカフェでもあります。
一風変わったカフェにご興味のある方は・・
是非!

おちゃのこの「オススメメニュー」

オリジナル擂茶氷スペシャル:720円
あすかルビーのベイクドチーズケーキ:500円

「御茶乃子(おちゃのこ)」の連絡先「住所・電話番号・営業時間・定休日」

住所:奈良市小西町35-2 コトモール1階
電話番号:0742-27-5011
営業時間:10:00~20:00
定休日:1、2、5、6、7、8、11月の第三水曜日および元日
アクセス:近鉄奈良駅から徒歩5分

 . 「工場跡事務室」

東大寺・戒壇堂の付近には大正14年に建てられた木造建築の工場が佇んでいますが、この工場、実は現在は稼働しておらず、ちょうど昭和50年に廃工場となり、現在はなんと!カフェ店に生まれ変わっています。

この工場はかつては「フトルミン」という乳酸飲料の製造工場でしたが、その中でも製造現場ではなく、事務室と荷捌き場をメインに改築してカフェ店に仕上げています。

有形登録文化財の指定を受けてもおかしくない大正時代の木造建築だけあって、色々な意味合いで「味」がにじみ出ています。

なお、不定期で普段は一般非公開の工場内を見学させてもらえるとか。工場見学したい方は要問い合わせが必要です。

「工場跡事務室」の「オススメメニュー」

  • 堕落必須!激ウマ朝食セット:1200円
  • 奈良のお茶「大和茶」(和菓子つき):700円

11時〜13時はランチメニューもありますので、東大寺参拝の間を見て朝食だけではなく、昼食も味わうことができます。ランチメニューの必殺人気メニューが「パストラミサンドセット1350円」です。特性マヨネーズとジャムの取り合わせがヤミつきになります。

早朝から東大寺境内へ乗り込む方に向けた腹ごしらえや、今日1日の観光ルートを練る場所としてはウってつけです。

工場跡事務室」の連絡先「住所・電話番号・営業時間・定休日」

住所:奈良県奈良市芝辻町543番地
電話番号:0742-22-2215
営業時間:9:00~18:00(金・日・祝のみ営業)
定休日:月〜木曜日
アクセス:近鉄/JR奈良駅から奈良交通バス「青山住宅行き」へ乗車「今小路バス停」下車、徒歩2分

 .「奈良よつばカフェ」

「よつばカフェ」のオススメとなる「特製ハヤシライスソースのトースト」は、オリジナルの特製ハヤシライスソースがかかったトーストです。
コンガ~リ♪と焼き上げた芳醇な香りを放つトーストに、おばあちゃんがグツグツと半日煮込んだような「香ばしい秘伝のハヤシライスソース」がかかっています。
もともとトーストとデミグラス系の相性は抜群なので、さらに味が際立ちます。

他に、「目玉焼きとサツマイモのサンドイッチ」など、ちょっとめずらしいメニューもいくつかあります。
飲み物は「コーヒー」以外に「チャイ」「100%完熟りんごジュース」などがあります。チャイ~ぃ~
ちなみに「よつばカフェ」の前にはバス停がありますが、これは看板なのでお間違えなく。

店の外観も登録有形文化財の指定をいつ受けてもおかしくない、「古都奈良らしい風情ある歴史的な外観」をしています。
店内は古民家の格調高い香りがツーンとする、ものスゴく落ち着いた雰囲気です。

ならまち散策で心身ともに一息つかれたい方、田舎のおばあちゃんの家を思いだいたい方は・・

是非!

「奈良よつばカフェ」の「オススメメニュー」

特製ハヤシライスソースのトースト:550円
目玉焼きとサツマイモのサンドイッチ:600円

「奈良よつばカフェ」の連絡先「住所・電話番号・営業時間・定休日」

住所:奈良市紀寺町954
電話番号:0742-26-8834
営業時間:11:00~19:00(L.O.18:00)
定休日:水曜日(祝の場合営業)
アクセス:近鉄奈良駅より徒歩18分

 .「プティ・マルシェ&ぷちまるカフェ」

ズバリ!「プティ・マルシェ&ぷちまるカフェ」は「シフォンケーキ」が人気のお店です。

お茶の葉を餌に混ぜて食べさせた鶏の卵や、ベースとなる小麦粉には厳選した国産小麦、さらに米から搾り取った油を使用するなど、コダワリにコダワリを重ねたシフォンケーキです。

中でもリピーターが多く特に人気のメニューが「奈良漬け入りシフォンサンド」です。

オーナーが研究に研究を重ねた末に完成させた「甘くないシフォンケーキ」に「奈良漬け」と「マヨネーズ」、「ゆで卵」が挟み込まれており、1口噛むだけで、クソほど堕落しきった己の生唾が口内にダラシなく満ち溢れてきます。

そして、その味ときたら・・・シュビシュビシュバぁ〜ン  意味不明

プティ・マルシェ&ぷちまるカフェの「オススメメニュー」

  • 奈良漬入りシフォンサンド:1つ600円

他にも毎月第2日曜日【限定数量販売】の予約必至の「古墳ケーキ500円」も大人気です!奈良土産にもピッタリです。

付属のスプーンも古墳発掘で使用するスコップをモチーフにしているなどユーモア性満点っ!キタぁー なにがキタ

「プティ・マルシェ&ぷちまるカフェ」の連絡先「住所・電話番号・営業時間・定休日」

住所:奈良県奈良市東寺林町22
電話番号:0742-87-0517
営業時間:12:00~18:30(カフェは土日のみ営業)
定休日:毎週 月・火曜日
HP:http://www.petitmarche-nara.jp/
アクセス:近鉄奈良駅徒歩10分

スポンサードリンク -Sponsored Link-


    

当サイトの内容には一部、専門性のある掲載があり、これらは信頼できる情報源を複数参照し確かな情報を掲載しているつもりです。万が一、内容に誤りがございましたらお問い合わせにて承っております。また、閲覧者様に予告なく内容を変更することがありますのでご了承下さい。

関連コンテンツ